都立高一般入試問題分析

東京都立国際高等学校

都立高一般入試問題分析

国語

難度は昨年度と同程度で、総じて平易であった。構成や字数は例年通りで、作文以外の記述が小説の1題だけ、という昨年度の形式が踏襲された。
漢字は、読み取りは「河畔(かはん)」、「慕って(したって)」など中学配当での出題、書き取りは「ナげる(投げる)」、「イチジルシイ(著しい)」など小学配当での出題と例年通りだった。読解の大問3題とも、例年同様の難度である。現古融合文では、非読解問題が2問出題され、これまでの学習の成果が問われた問題であった。作文の出題形式は例年通り。

数学

昨年度に比べると難度は高く、平均点は下がることが予想される。大問5の空間図形がいずれも難化しており、両方とも正解できていない生徒が多かったと予想される。大問5の問2では正四面体の体積の公式を知らないと解くのに時間がかかってしまう問題も出題されていた。また、大問4の面積比を求める問題も共通問題としては難度が高く、例年とは異なり高得点を取ることが難しい入試となった。そのため、ミスなく、できる問題を確実に解き切る必要があった。

英語

出題形式は昨年度と同じく、リスニングと対話文完成、整序英作、長文読解が2題であった。近年、難関私立高入試で扱われることが増えた誤文訂正問題は今年度も出題されなかったが、次年度以降に傾向が変わる可能性もあるため、対策をしておいた方がよい。2題の長文読解は速読速解力と情報処理の能力が求められる問題であった。条件英作文は、「本文で述べられていること以外で書きなさい」という条件があるものの、課されたテーマについて理由を含めて80語以上100語以内の英語で書くという点に関しては昨年度の問題と変わっていない。しかし、長文が昨年度よりやや長めになったことや正対しなければ大きく減点されてしまう条件が英作文に加えられたことが、受検生を翻弄したと思われる。

社会

出題形式は例年同様大問6題での出題となった。完答問題は昨年よりも1問減少した。
大問1の問1は、地形図の高低差を選ぶ問題となり、例年と比べ難化した。他の2問は例年同様の難易度である。
大問2の世界地理は近年の難易度の高さがなく、キーワードも拾いやすかったため、易化したと言える。
大問3の日本地理も例年と比べてヒントが見つけやすく、易化したと言える。記述問題では、今まで出題されてこなかったイラストを使用した資料が出題された。
大問4の歴史は例年同様の難易度であった。問3は、近年では出題されてこなかった、並べ替えに加え、略地図からも選ぶ問題が出題された。
大問5の公民は例年よりも難化した。問2は掲載されている資料だけでは解答を見分けにくく、問3や問4は固定資産税が地方税であることや株式会社の概念を知らない生徒も多かっただろう。
大問6の総合問題も例年よりも難化し、知識や柔軟な見方が必要とされていた。

理科

問題構成は例年通りの大問6題構成。例年大問3以降は、必ず地学・生物・化学・物理の順に並び、そこで取り上げられなかった単元から独立した小問が大問1、2に並ぶ。
昨年度の大問1は5問だったのに対し、今年度は6問となった。生物・化学がそれぞれ2問ずつ、地学・物理がそれぞれ1問ずつ出題された。
大問2は例年通り、生徒のレポートに関する問題が出題された。「極地の研究」をテーマにしたレポートに関連させて、等速直線運動(物理分野)、海水の密度と塩分濃度(化学分野)、カエルの発生(生物分野)、白夜(地学分野)という内容からの出題。海氷の塩分濃度に関する問題に新味がある。
大問3は地学分野で気象からの出題。〔問1〕が、毎年1問だけ含まれる記述問題であった。しかし、金属製のコップの表面の温度が少しずつ下がるようにした理由」は、高校入試の定番であり、受検生にとって特に脅威ではない。
大問4の生物分野では消化と吸収からの出題。昨年度は4問だったのに対し、今年度は3問。内容は2020年度と酷似し、過去に出題されたものばかりであった。
大問5の化学分野では、塩化銅の電気分解を軸にした基本的な問題。2018年度出題のものと似ている。なお、今回は計算問題が出題されなかった。
大問6の物理分野では、電流・電圧・電力からの出題。出題形式で特筆すべきは、問2の選択肢の数が6つ、問3の選択肢の数が5つという、「いつもの4択」ではないものがあった点である。
総じて、過去の出題傾向から著しく外れた問題は出題されていない。過去5年分の出題内容を研究することで確実に対応可能である。ただし、近年になって教科書に加わった内容(ダニエル電池など)はこの限りではないので要注意。