中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 都心地区

[ena新御徒町] 10月29日(木) ena新御徒町ブログ

コメント数:0   投稿日:2020/10/29 20:55:06 

こんにちは。ena新御徒町 校長の寺門です。

 

意識的に、受験生から「最近困っていること、不安なこと、あったりしない?」と聞くようにしています。

特に中3生が模試が続いているので、科目別の悩みであったり、学校のテストのこと、友達関係親子関係など、聞くと様々出て来ます。

講師陣一丸となって、「わかるわかる。」と共感してみたり、「こうしてみると良さそうだね」と対策を考えてみたり、短い時間でもそうしたやり取りを大切にしています。

小6生はどちらかというと問題についての質問が多いですが、模試結果が出たときに、それを持ってきて学習上の相談をしにくることも多いです。

いよいよ本番が近づいてきて、どの生徒も不安を抱えています。私たちができることは、「それでもやり続けるんだ!」という活力を与えること、忍耐力を高めること、そして実際に成果が出たときに心から喜びあうことだと思っています。

寺門

 

写真は荻野先生です! 主に中1生を引っ張って行ってもらっています。

楽しく盛り上がる学年で、最近人数もどんどん増えてきています。

img-8835

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena新御徒町] 10月23日(金) ena新御徒町ブログ

コメント数:0   投稿日:2020/10/23 14:47:50 

こんにちは。ena新御徒町の寺門です。

 

中3生は、いよいよ理社完全制覇コンテスト実施です!!!

休み時間や授業前後の時間に必死に勉強している姿を見ているので、

何とかいい結果が出てほしいと思っています。

講師陣で口頭試問も少しずつ行って、理解や定着を確かめています。

万全の態勢で臨んでもらえるようにサポートします。

 

寺門

 

img_8873

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena新御徒町] 10月14日(水) ena新御徒町ブログ

コメント数:0   投稿日:2020/10/14 18:31:37 

こんにちは。ena新御徒町 校長の寺門です。

 

都立中入試まであと112日で、4か月弱。都立高入試まではあと130日で、4か月ちょっとですね。

7で割って、あと何週間か数えてみると、都立中入試までは16週、都立高入試までは18週と少し。

同じ曜日があと16回来れば本番、そして18回来れば本番。そう考えられるわけです。

 

やれることは限られています。

その中で、本番で問われると困る部分や、後悔が残る部分を重点的に進めていくことが大事です。

 

この時期は、ただでさえ不安になりやすいですし、時には自分自身を見失ってしまいがちです。

私たちも、第3者として冷静に、その生徒の状況を伝えつつ、最終的には励まして、精一杯努力してもらえるようにしたいと思っています。

 

昨年、入試の合格発表の瞬間を見てきたのですが、あのときの合格した瞬間の表情を、やっぱり見たいんです。

生徒たちにとっては未知のことなのであまりピンと来ないとは思うのですが、こちらは知っているからこそ、導けることもあると思っています。

 

寺門

 

img-8814-1

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena新御徒町] 10月7日(水) ena新御徒町ブログ

コメント数:0   投稿日:2020/10/07 16:06:00 

こんにちは。ena新御徒町 校長の寺門です。

 

週明けの「提出物ボックス」には、それはもう凄まじい量の提出物が、次々に提出されます。

復習ノート、作文用紙、プリント教材、日特ノートの山が、ドサドサっとです。

しかしながら、提出物が出ること自体は何のゴールでもありません。

中身を見て、良いもの、良くないものを振り分けていくことも、これもまたゴールではありません。

私は、ノートやプリントをこちらが見て、本人の状態を見抜き、ズバリ指摘をして、本人の「意識」を変えることこそ、

その目的だと思っています。

昨日も自習に来ていた小6生や、中学生に、「あのさあ、ノートを見てて思うんだけど、」と言った話をしました。

勉強というのは、自分をよく理解することにつながります。

その意味では、あらゆる学習について「他人の目」が入ることは、大いに助けになることだと思うのです。

 

どんどん成長してもらいます。

 

寺門

 

ガッツのある復習ノート例です。この子は自分とよく向き合いながら、復習ができています。

img_8742

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena新御徒町] 10月2日(月)ena新御徒町ブログ

コメント数:0   投稿日:2020/10/02 17:13:00 

こんにちは。ena新御徒町の寺門です。

 

10月に入りました。

小6生・中3生は、仕上がってきている生徒は過去問にどんどん向かう時期です。

なかなか点数が思うように行かない生徒は、ただやみくもに課題をこなしていくのではなく、(こなせていない場合にはこなせるようにならないといけませんが)

自分の苦手なものの克服、いわば「穴をふさぐこと」を意識しなければなりません。

1日の学習状況を書き出してみると、対策がはっきり浮かんできます。

「使える時間がどのくらいあるのか」を見て、「その中で何をやっているのか」を知ることで、

私たちも課題の量や求める質をコントロールできますし、受験生本人のためにもなります。

 

あとは提出物のチェックですね。穴がないか、やったつもりになっていないか、根気強くチェックします!

img-8632

 

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 3123