中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena本部

[中学部本部] 残り半年!になると。

コメント数:0   投稿日:2020/08/07 17:48:15 

中学部 森本です。

enaの小中学部の夏期講習は第4期に突入をしていきます。

夏期講習全体の中でも折り返しの期間となります。

序盤、学校との両立で大変だった生徒たちも、ここから一気にペースをつかんで勉強を行っていきましょう。

 

さて、本日のタイトル、「残り半年!」について。

夏休みが終わると、いよいよ入試をほとんどの受験生が意識でき始め、

残り半年の期間は、誰もが勉強に主軸をおいた生活になります。

受験に向けた入試相談会や説明会、学校の三者面談が設定され、

周りの環境が受験生に受験を意識させる雰囲気作りに貢献していくからです。

ライバルと差をつけるには、やはり夏までが勝負ということです。

 

夏は受験の天王山とよく言われる通り、

夏に自分の合格可能性を上げれるところまで上げた受験生が

9月以降も有利に受験勉強を進められることは間違いありません。

 

本年度は過去問チャレンジ特訓を夏期講習の最終期に設定しています。

4日間で、5教科・2年分の入試問題を解き、enaの中での順位や合格判定も出る講座です。

都立自校作成校受験者も、共通問題校受験者も

自分が現在どの位置にいるのかを確認する貴重な機会になります。

過去問チャレンジ特訓開講まで、あと24日。

24日後をプレ入試ととらえ、これからの学習も集中して臨んでください。

 

 

 

95時間超えの圧倒的な勉強量

 

夏が終わると後期日特もコース別に開講します。

後期日曜特訓も今年は定員が例年よりも少ない関係で

締め切りのウェイティングやそれに伴う会場移動のご対応をお願いする場面も出てくるかもしれません。

学習機会をなるべく減らさないように対応していきますが、

会場設定や人員の割り振りなどもありますので

まだお申込みでない方はお早めに校舎までお申込みください。

 

最近、手洗い30秒が週間化している自分がいます。

皆さん、健康・安全第一で、自己管理力を高め、この夏を戦い抜きましょう!

 

中学部 森本

>>この記事へのコメントはこちらから

[中学部本部] 高めろ!「合格力」

コメント数:0   投稿日:2020/07/27 17:29:24 

中学部 森本です。

 

22日から夏期講習が開講しました。

本日がお休みで、明日から各校の夏期講習第2期が始まります。

2期は多くの生徒が学校がある中での講習会となります。

学校と塾の両立をしっかり意識して臨んでください。

 

受験学年になると、1日の講習で提供される授業内容の量が多くなります。

1回1回の授業が生徒たちの学力向上につながる内容になっているわけですが、

生徒たちはそこで与えられた内容を的確に自身の学力に照らし合わせる必要があります。

 

今日、新しく学んだことは何か

授業中にできなかったことは何か。そしてそれは復習をすれば理解できる内容か。

次の授業までに行っておくべき宿題や課題は何か。

などなど。

授業中は、教師から伝えられている内容を受け止める以上に、その内容をどう自分の力に変えていけるかの勝負です。

私たちも何度も反復をして入試本番で合格点を取らせるように指導をしていきますが、

その際の生徒の基礎能力が毎回上がっていることが重要です。

生徒の皆さんは、塾が休講の今日を上手に使ってください。

昨日までの課題での取りこぼしに手を付けたり、もらった小テストやプリントなどを整理したり

明日に備えて、ちゃんと早く寝たり(笑)

 

 

入試本番が近づくと、生徒たちも緊張感が高まります。

「あと1か月」・「あと10日」「あと3日」という中では集中して入試への「準備」をします。

 

以前、校舎を運営していた時に、夏の標語に「臨戦態勢」という言葉を掲げたことがありました。

 

今日という日も、入試1週間前も、同じ「1日」です。

時間を大切にして、集中して勉強に臨んでください。

コツコツと努力できる生徒は自然と合格力が高まっていきます。

 

中1・中2生も、夏休みが終わったときの自分の学力をどれだけ高められるかの勝負です。

目標を決めて、enaの夏期講習に集中して臨んでください。

 

明日からまた頑張っていきましょう!

夏期講習はまだ始まったばかりです。

 

夏期講習をご検討の方もぜひena各校にお問い合わせください。

これからのご参加にもしっかり対応させて頂きます。ena夏期講習の特典

ena夏期講習会

中学部 森本

>>この記事へのコメントはこちらから

[中学部本部] 小中学部夏期講習22日開講

コメント数:0   投稿日:2020/07/18 22:15:58 

中学部森本です。

 

enaの小中学部の夏期講習が22日から始まります。

6月に対面がスタートして約50日が経とうとしています。

生徒たちは、再開された学校と塾の両立に体を「戻す」2か月間でした。

今年は夏休みの日程が例年と異なりますが、enaの夏期講習は学校に合わせられるように

時間割を各校で組み、例年と変わらない時間数を確保することができました。

6月・7月を意欲的に過ごせたenaの生徒たちならば、夏期講習会も自身の成長の機会にしてくれることと思います。

 

中3生は、都立高の試験範囲の変更など、気になる状況がありますが、

私立高受験においては、他県から受験に来る生徒たちもいますので、「都立高入試の範囲外だから知らない」は通用しません。

夏は例年と同じカリキュラムをしっかり行い、どんな受験に対しても対応できるようにします。

 

中3後期日曜特訓も、都立高の入試に対応した演習回を用意しました。

外部模試の9月中止や延期という「練習の機会」の縮小も関係してか、たくさんのお申込みを頂いています。

 

2月に生徒たちが志望校に着実にチャレンジできるように、

世の中の情勢にアンテナを張りながら、生徒指導を行っていきます。

9月以降に大きく飛躍するために。

とても重要な夏期講習が始まります。

生徒の皆さんは、自分の目標設定と課題認識をしっかり行い、毎回の授業に集中して臨んでください。

 

中1・中2の生徒たちも同様です。

9月以降の学校のテストで望むべき結果を出すためにも、夏に各教科の基礎学力を1段も2段もあげておきましょう。

「先」が見えない中の学習です。不安もたくさんあるでしょう。

ならば、「先」の自分の到達学力を決めて日々を過ごすだけです。

頑張ろう。

>>この記事へのコメントはこちらから

[中学部本部] 【中3】後期日曜特訓=志望校を狙い定める=

コメント数:0   投稿日:2020/07/11 22:02:51 

中学部の森本です。

 

enaの各校で定期テスト対策が実施されています。

今年は休校明けの定期テストのため、試験範囲や実施時期が例年と異なります。

中学校の先生のテストに対する指示を確認し、「教科」の「単元」の学習を完成させて定期テストに臨む必要があります。

いつもと大きく出題傾向が変わることも想定されます。

どんな定期テストが出題されても大丈夫なように、

「知識」を定着させて「enaワーク」で練習を重ねます。

ena各校で、熱誠指導が展開されています。

 

7月実施の定期テストが終わると夏期講習が開講。

enaの夏期講習会は、例年より短い夏休みに完全対応しています。

学校の予定に合わせながら、昨年同量の勉強量を確保しています。

夏に大きく飛躍しましょう。

 

中3後期日曜特訓の申込受付中!

出題範囲の変更が決定された都立高校入試に完全対応をしています。

もちろん、私立や、国立(こくりつ)高校入試にも、対応した内容にしています。

日曜特訓は、夏で培った学力を確認し、発揮する場です。

夏を経ると、目線がしっかり上を向いている生徒が多くなります。

合格可能性を引き上げるためには、絶対量の確保と自分の位置や解き方の確認の機会を与えること。

後期日曜特訓はその機会に溢れています。

中3生は自身の志望校を真剣に考え、決定し、目指すべき高校の日曜特訓に挑戦をしてください。

%e5%be%8c%e6%9c%9f%e6%97%a5%e7%89%b9%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[中学部本部] 最高水準説明会7月11日開催

コメント数:0   投稿日:2020/07/07 17:41:42 

ena中学部の森本です。

 

今週末にena最高水準の説明会・選抜テストを実施します。

夏期講習が始まるまでの最後の入学のチャンスです。難関校を目指す勉強を真剣に行いたい生徒諸君は、ぜひ説明会・選抜テストに参加してください。

おかげさまで、本年度もたくさんの生徒が最高水準に集まっています。

同じような難関校を目指す集団の中で、生徒たちはライバルとの良い人間関係を構築しています。

気持ちの良い生徒たちになってきました。

ご家庭の第一志望合格に向けて、最高水準担当者一同、夏も熱誠指導を行います。

 

*中学生で定期テストのために当日参加するのが難しい場合は校舎にお問い合わせください。個別に対応をさせて頂きます。

中学部 森本

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 3123