中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

中学部本部の校舎ブログ一覧

[中学部本部] 定期テスト近づく。

コメント数:0   投稿日:2021/06/07 20:29:10 

ena各校、定期テスト対策期間に突入しているかと思います。

 

定期テスト対策は、

先ず、2週間前の段階で「学校ワーク」(提出物)を完成させることです。

たいていの中学生は2週間前の

ちょうど範囲表を配られたところで、ここに取り掛かる生徒が多くいると思います。

一方で、オール5に近い内申を獲得している生徒達は

学校で授業が進むごとに日々ワークを進めているので、

範囲表を配られた時点で、提出物は完了しています。

多くの中学生がワークにとりかかる時期には、

苦手部分の反復のための2周目や用語の暗記をスタートできます。

 

次に、学校ワークが完成したところで、「enaワーク」にとりかかります

収録されている問題は「学校ワーク」も「enaワーク」も類似していますが、

数値や言い回しが違う問題を練習することで、更なる定着を図ります。

 

本年度より、通知表の観点別評価の項目が変更になることもあり

ただ答えや用語を答えるだけでなく

記述での説明や、答えに至るまでの過程や求め方を書かなくてはいけない問題が

多く出題されることが予想されます。

 

これまで以上の準備が必要になりますのでenaの先生方の指示に従い、

はやめはやめの準備を進めてください。検討を祈ります。

 

定期テスト対策教材「enaワーク」をお持ちの方のみ

ご覧いただける映像授業!

ena各校舎からご案内されているパスワードを入力のうえ、視聴してください。

 中1理科 は こちら≫

 中1社会 は こちら≫

 中2理科 は こちら≫

 中2社会 は こちら≫

 中3理科 は こちら≫

 中3社会 は こちら≫

DSC_0033.JPG

DSC_0033.JPG

>>この記事へのコメントはこちらから

[中学部本部] 新しい学年になるにあたり〈国語科〉

コメント数:0   投稿日:2021/06/07 18:55:37 

国語の学習は大きく分けて3つの目的があります。

①語彙(ボキャブラリー)を増やす。また学習領域で必要な知識を増やす。

類義語・対義語・三字熟語・四字熟語・

ことわざ・慣用句・故事成語などの言語事項

文法事項文学史も捨ててはおけません。

 

②文章内容を正しく理解できるようにする。

これには

「その文章で語られている分野・思想」を知ることも含まれます。

その際に「設問」は

自分がその文章をどの程度理解しているかを示す

リトマス紙の役割を果たすのです。

そう考えて取り組みましょう。

意味の分からない言葉は積極的に調べる作業をすることです。

ちなみに「指示語」「接続語」の設問は文脈を正しく追うため、

全問正解を基準と考えた方が良いと思います。

 

③自分の考え・主張を正しく伝えられるようにする。

200字作文が思い浮かぶ都立高入試を考えると、

中3生になってから取り組めばいいかと思う人もいるでしょうが、

当然若い学年のうちから力を持っていてバチはあたりません。

毎日「三行日記」をつけるという作業などいいかもしれません。

スマートフォンをお持ちの生徒は「リマインダー」を使うのも一方です。

 

とりわけ①については「漢字学習」が重要となります

毎週課される漢字テストの出題範囲を

隈なく学習することです。

最悪の取り組みは「直前に解答を眺めて覚え(た気にな)る」です。

これでは長期記憶脳には入りませんので、時間の無駄です。

「書いて覚える」ことです。

また、「意味」をおさえる。

「周辺の知識(同音異義語・同訓異字・類義語・対義語)」も併せてインプットする。

これらは辞書を活用するようにするべきです。

これらのことまでやって初めて「漢字テストの勉強をした」と言えるのです

これらの点を忘れて

「漢字テスト」で満点を取る、ことばかりを目的化しないようにしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

>>この記事へのコメントはこちらから

[中学部本部] 新しい学年になるにあたり「数学」

コメント数:0   投稿日:2021/04/26 10:19:18 

1学期は徹底的に「計算力」をつけることが重要です。

ほとんどの中学校で学習する単元は以下になります。

・中1

 正負の数、文字式、方程式

・中2

 式の計算、連立方程式

・中3

 式の展開、因数分解、平方根、2次方程式

 

すべて計算の単元であり、入試数学において極めて重要です。

数多く練習して、正しいやり方をマスターして、

学年最初の定期テストで高得点をとりましょう。

 

そのためには、

計算一行問題集、enaワーク、パースペクティブ

徹底的に解きまくってください。

間違えた問題については間違えた原因を追究することです。

そして、同じ間違えを2度と切り返すことのないように努めてください。

わからない問題についてはenaの先生に遠慮なく質問してください。

 

ゴールデンウイーク中は計算問題を1000題解くことを目標にするとよいでしょう。

頑張ってください。

 

教科責任者 渡辺

DSC_0008.JPG

>>この記事へのコメントはこちらから

[中学部本部] 新しい学年になるに向けて「英語」

コメント数:0   投稿日:2021/04/21 18:10:24 

今年度は学習指導要領の改訂に伴い、

これまでと同様の学習の仕方や学習量では

各種テストで思うような結果を残し、志望校の合格を勝ち取ることは難しくなると考えられます。

 

ですので、

新学年に上がるにあたって、まずは以下の2点に注力しましょう。

 

①語彙力の強化を意識的に進める

単語力をつけよう!とはよく言われることですが、

やみくもに練習練習を繰り返すというのは良い学習法とは言えません。

英語の各種テストで得点できている生徒の多くは

様々な感覚を使って単語に触れています。

単語をよく見る、声に出し読む(単語だけではなく文も)、

聴く(発音すればそれが耳に入りますよね)、そして書く

このことを繰り返し、できるだけ多くの感覚を使って単語に触れるようにしましょう。

あとは単語に触れる頻度です。

覚えたと思っても忘れてしまう、あるあるですね。

集中して一気に覚えようとしてもそれはなかなか難しい。

ですから毎日10分(20~30単語)でいいので先に述べたように

単語に触れるようにしてみてください。

1ヶ月後もすれば語彙力を効率的に身につける土壌が出来上がります。

 

②文法事項の定着化

現状ではどの中学生も、

主にテキストを使用した単元の消化を進めています。

そしてここからはさらに押さえるべき新たな知識や文法事項が一気に増えてきます。

それらの内容を効率的に押さえるためにはやはり復習ノートが大切です。

例えば中3生が中2の終りから中3の始めにかけて習った現在完了形、

4月のこの時期であればある程度はできるようになっていると思います。

それもそのはず、中2の2月から中3の春にかけて3回ほど授業を受けているからです。

しかし、もしも毎回の授業後に解きなおしやまとめ直しを復習ノートを通してできていたならば

おそらく受講者全員が現在完了形の定着化を図れていたのではないでしょうか。

復習のしわ寄せが後半に回ってこないようにするためにも、

各回の復習を次回の授業までに必ず終わらせるようにしましょう。

 

こちらに挙げた2点については決して難しいことではありませんし

すぐに始められることです。

即実践をして英語を自分にとっての得点源にしていきましょう!

 

教科責任者 舟木

DSC_0007.JPG

>>この記事へのコメントはこちらから

[中学部本部] 新しい学年になるに向けて

コメント数:0   投稿日:2021/04/13 10:27:05 

この春より、中学校に入学された皆様、

ご入学おめでとうございます。

また、新中2・新中3の皆様、

進級おめでとうございます。

 

さて、新学年になると様々な場面で

これまでとは違った部分が出てきます。

 

新中1の皆様は小学生から中学生になり

新中2の皆様は部活動や委員会などでの責任が重くなり、

新中3の皆様は10か月後(1年後ではありません)には

高校入試が控えています。

 

忙しくなる中学校生活と勉強の両立

中学生の一番の課題かと思います。

 

例年の中学生の様子を見ていると、

現在からGW明けまでの時間の使い方が、

この先の1年間の状況を大きく変えるようです。

 

部活動・委員会・中学校の勉強など、

中学校生活が本格化するのがGW明けからです。

これまでに、

新学年での勉強の先取りと、

勉強習慣を確立しておくことで、

いざ中学校生活がハードになったときにも、勉強に遅れたり、

おろそかにしたりすることなく、

中学校生活をおくることができます。

 

今の時期の勉強が、この1年間の成績状況を大きく左右します。

enaしっかりと

新学年の準備を整えましょう!

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 212