中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena武蔵境南口の校舎ブログ一覧

[ena武蔵境南口] 中学生1年生、2年生の近況

コメント数:0   投稿日:2021/12/02 20:28:31 

こんにちは、石原です。

 

中学生(1年生、2年生)は期末テスト、合診(合格力診断テスト)と怒涛のテストラッシュが

終わりました。

期末はほとんどの生徒が前回より点数が上がり、全体としては成功でした。

皆よく頑張りました。

個々にはミスが多かった、改善はしたけどさらに上げたい科目がある、

等々さらに次回への課題もあります。一つずつクリアしていきましょう。

しつこいようですが、「小テストで満点を取る」ための勉強ができるようになって下さい。

習慣化だったり、覚え方の方法だったり、色んな先生が色んな方法を話してくれますよね。

そういったものをヒントに自分に合った勉強法を確立していってください。

(最初は根気と覚悟と量が必要です!)

 

中1の合診の結果の一部(返却準備が終わったもの)

中2、中1とも全員が自校作を目指してもいいくらいに学力を伸ばしています。

dsc_1061

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena武蔵境南口] 小5の復習ノート(適性検査対策のスタートライン)

コメント数:0   投稿日:2021/11/24 19:11:11 

こんにちは、石原です。

 

都立中入試まで今日を含めてあと72日となりました。

実際に勉強できるのは60日と少し程度でしょうか。

となると、小5も入試まで430日程度でしょう。

 

2月になんとなく小6に進級するのでは心許ないです。

南口では小5の秋(夏期講習終盤あたり)から少しずつ「受験生扱い」してきています。

その一つとして、「復習ノート」を義務化しています(理系)

dsc_1019

都立中の適性検査の一番の難しさは問題文(独特な会話文)から題意を正確に掴むことです。

その対応として、「どうして、どのようにして間違えたのか」を言葉にして書き留めていくことが有効です。

dsc_1023

dsc_1022

とにかくやってみて、先生とやり取りをすることが大切です。

やり取りすることで復習のレベルが上がります。

レベルが上がるとは、「きれいに仕上げられるようになる」ことではなく、

「ポイントを自分の言葉でまとめられる」ようになり、

さらには「実際の問題の得点力が上がる」ことです。

 

最後に、小6の復習ノートを1枚乗せておきます。

この生徒に限らず、小6は多くの生徒が復習ノートがレベルアップしてきています。

dsc_1024

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena武蔵境南口] 皆既月蝕、見ました!

コメント数:0   投稿日:2021/11/20 16:44:50 

こんにちは、石原です。

 

昨日は小6と小5は少し外に出て月蝕を見ました。

教科書では何となく理解していてもやはり実際に見ると感動します。

「おぉ!」、「見えた、見えた!」など声が出ていました。

約600年に一度の現象とのことだったので見せてあげられてよかったです。

事前の約束通りに、広がらずに移動したり、密になりすぎないように気をつけたり、

大声を出さなかったり、節度を持って行動してくれたこともよかったです。

dsc_1011

dsc_1015

「蝕の最大」の数分後の月です。

dsc_1016

帰りに自宅近くで撮った満月です。

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena武蔵境南口] とにかく、徹底です

コメント数:0   投稿日:2021/11/16 21:54:11 

11月16日(火)

 

こんばんは。ena武蔵境南口の岩橋です。

いま、私の目の前では先生がテスト翌日に控えた中学生に口頭試問テストをしています。

日曜日は一人一人進捗を確認し、徹底してテスト対策を行いました。2学期期末テストもいよいよ大詰め。最後のスパートをかけていきます。

 

さて、14日の日曜日はテスト対策の前に小6日曜特訓に行きました。

image_50401537 image_5044147311月に入り、どんどん力がついてきた気がします。何よりまなざしが変わったかな。

読解問題で落とす子も少しずつですが減ってきました。問題文をしっかり確認して、何を答えなければならないか分析できている子が増えています。作文も構成メモをしっかりつくり、ポイントを外さない答案が増えてきました。いいと思います。

 

さて、校舎の未来の受験生、5年生。img_6463

本日の授業では復習ノートは全員提出されました。内容は以前のブログでお伝えしましたが、少しずつ良くなってきています。この時期としてはベリーグッドです。

私の授業では小テストの徹底に加え、宿題チェックを徹底して行っています。

本日の授業後には宿題確認メールも配信しました。5年生には新たな課題も出しました。

武蔵境南口校では小学5年生も受験生として、徹底的に鍛えていきます。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

ena武蔵境南口 岩橋

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena武蔵境南口] 小6の頑張りと、都立中の入試について(ほんのちょっとだけ)

コメント数:2   投稿日:2021/11/12 13:54:33 

こんにちは、石原です。

今日は11/11、今年もあと1か月半です。

(ポッキーの日ですね。)

 

さて、この9月、10月で小6は武蔵と三鷹の過去問5年分(理系)を

1周しました。ほとんどの生徒が日曜には日曜特訓にも参加しています。

dsc_0966

答案用紙には解いた日付と、それが何回目であるかを書き、(可能な範囲で)採点もして提出です。

dsc_0967

テスト(演習)はその後が大切です!!

結果に一喜一憂しすぎてはいけません。油断も、落ち込みすぎるのもダメです。

2/3の本番で得点するために有効活用すべきものです。

成功体験、失敗体験を復習ノートに記録していきます。

ちなみに、一番上の生徒のノートの表紙にはこんな↓↓ことが書いてありました。

dsc_0968

自分に必要なことはこれだ、というものを一番目立つところに書き出したのでしょう。

 

ノートの中身はこんな感じです。

dsc_0969

dsc_0970

 

適性検査で最大可能得点(実力)を上げつつ、実際の得点力も上げていくには

自分で振り返りを行い、先生のフィードバックをもらうということを繰返すしかありません。

何度もやり取りをしていると、この子は分析力が上がったなと感じることがあります。

それは少しずつ適性検査の問題文(会話文)を読む速さ、精度に現れてきます。

地道な努力を一つずつ積み重ねていった先に素晴らしい結果が待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 512345