中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena東久留米の校舎ブログ一覧

[ena東久留米] 本を読むことの面白さ

コメント数:0   投稿日:2021/11/25 22:06:27 

説明文や随筆的な文章であれば、自分の知らなかった何らかの知識が増えます。

小説的なものであれば、心に響く何か(感動や悲しみ等々)があると思います。

「本を読むのは…」という人もいると思います。

そんな人にちょっとお勧めしてみたいのが、入試問題を“読んでみる”ことです。もちろん、解いてみるのもとてもいいことですが、面白い文章に出会うためでもいいかと思います。

入試問題は、若い皆さんに読んでもらいたい内容が含まれていることが多いです。

50分前後で問題を解いてもらわないといけないので、“長い”と言っても本を1冊読むほどの負担はないです。

日曜特訓や授業の関係で平均して週に4つ以上(敢えて子の数え方にしました)は問題文を読みますが、一部だけでも結構感動出来たり学ぶことがあったりします。

そこで強く興味を持つものがあれば、その1冊は手に入れて読むのもいいと思います。

ご参考にして頂ければ望外の幸せです。

takami

今週土曜日のテストです。

img_0162img_0164

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena東久留米] 小6生の11月のテスト

コメント数:0   投稿日:2021/11/24 16:00:52 

本日(11月24日)が実施日ですが、今回は模試型で行います。

志望校判定も出せるので気合を入れて臨んでください。

特に11月13日の“学校別模試”で振るわなかった人は、リベンジのチャンスです。

ガンバリましょう!

takami

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena東久留米] 雑感

コメント数:0   投稿日:2021/11/22 17:55:05 

少し“自画自賛”的な内容があると思いますが、ご容赦ください。

都立中や公立中高一貫校を目指した勉強では作文があります。これは入試対策で行っているので“本来の作文の書き方”と異なってこなさなくてはいけない部分も出てきます。

それでも、やはり“作文”には人柄が出る場合があります(ある意味“作文”のテストはそれが恐ろしいところです=人柄に点数が付く?)。

内容は明かせませんが、授業でやっている作文に心打たれるものがある場合があります。

ちょっと感激するので近くにいた1人の教師にも意見を聞きます。同意を得られました。

こんな塾生の方やスタッフがいて嬉しく思います。

明日(11月23日)は勤労感謝の日の祝日(年内最後の祝日です)で校舎の授業はございません。日曜特訓はあります=小6・中3。お間違えのございませんようにお願い致します。

 

勤労感謝の日と働く人のイラスト2|11月|季節|かわいいフリー素材 ...

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena東久留米] 【油断大敵】(感染症雑感)

コメント数:0   投稿日:2021/11/20 12:51:54 

数字的には少し落ち着いた感がある表題の件ですが、いくつか目についた記事について書いてみたいと思います(もちろん全ての記事に目を通した訳ではありませんので、あくまで素人の個人的な感想です)。

ヨーロッパやオーストラリアでは再度感染者数が増える傾向にあるようです。単純な感覚ではオーストラリアは日本の5月くらいの時期なのでそうなっているのかも知れません。

ただ、気候的に近いヨーロッパの増加傾向は気がかりな情報の1つです。

一方AIの予想では、第6波は来るので12月くらいから東京都の感染者数は50名くらいになり1月のピーク時は370名くらいで第1波くらいとなっているそうです

数字的には第5の時より小さいことはありがたいことですが、1月に増加すると370名だとしてもそれが我々に来ない保証はないので、引き続き用心は必要だと思います。

気をつけながら、様々に希望を持ちながらガンバっていきましょう。

takami

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena東久留米] 月食

コメント数:0   投稿日:2021/11/19 21:26:19 

今夜は月食です。

感覚として日食よりは起こりやすいような気がしますが、これは日食は月の影という狭いエリアに入らないと見られないのに対し、月食は月が昇ってさえいればどこからでも見ることができます。その違いが月食は日食よりも多く見られるということが要因になります。

そんなわけで、日食よりも月食の方が多く見られるのは事実ですが、これは観測地点を1地点に固定した場合です。地球全体で起こる回数を比較すると、日食よりも月食の方が起こる頻度が少ないのです。

例えば20世紀に起こった回数を見てみると、日食が228回であるのに対して月食は146回でした(詳細な分類は抜きで)。また、21世紀に起こる回数では、日食が224回なのに対し、月食は142回しか起こりません。さらに西暦3000年までの5千年間で比較すると、日食が11898回、月食は7686回で、やはり月食の方が3割以上も少なくなるそうです。

細かい説明はスペースの関係で省略させて頂きますが、時間のある人(受験・受検生を除いて)はお調べください。簡単に示すと下記の図になります。

takami

 

月食が少ない理由

>>この記事へのコメントはこちらから

3 / 1512345...10...最後 »