中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena分倍河原] 『秋の中学三年生、受験生のメンタル的質問』

コメント数:0   投稿日:2020/09/25 22:31:07 

こんばんは。分倍河原校の杉原です。

 

ある中学三年生からの授業中の質問です。

 

「先生は、それだけギャグがスベっているのに、

なんで心、折れないんですか?」

 

「んー。あまり、相手の反応まで、気にしてないからじゃないですか?」

 

「えっ。ど、ど、ど、どういうことですか?」

 

「せっかく思いついたギャグを発信せずに闇に葬るほうが、

ストレスになるというか。ひらめくだけ稀少と自分の中では、

思ってますから。」

 

「メンタル、鋼(はがね)ですね・・・。」

 

「スベったとしても、そのうえに更にスベったのを

かぶせれば、もう、なにがなんだか、わからなくなりますよね?

長崎ちゃんぽんというか・・・・。」

 

「・・・・・・。」

 

「・・・今のスベりかたは、長崎ちゃんぽんに

失礼じゃないですか?」

 

「で、相手がリアクションに入る前に、

こちらが授業の解説に入ってしまえば、必然かつ、

強制的に、頭は切り替えざるをえない・・・」

 

「いや、そのビミョーな空気が気になって、

逆に集中できない生徒も・・・」

 

「はい、では、問三の五段活用なんですが~」

 

「ないわ~」(中三一同)

 

受験にも緩急が必要です・・・な晩に。

 

分倍河原校  杉原 雄一郎

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena分倍河原] 『秋の小6質問コーナー』

コメント数:0   投稿日:2020/09/25 22:30:19 

こんばんは。分倍河原校の杉原です。

 

「学校で、受験しない生徒がうるさくて、精神が崩壊してるんですけど、

どうすればいいんですか?」

そんな質問を最近、受けました。

毎年、この時期になると同じような質問を受けます。

 

「目標のある子とない子の違い」

 

なのでしょう。

 

この切り抜け方に、残念ながら正解はありません。

自分なりに工夫して、ときには、

晴れない気持ちをノートに書きなぐる。

もちろん、理路整然と、というのもアリです。

過去には、そんな子もいました。

 

唯一、言えることは、合格した子は、

皆、それぞれにあらゆる方法でクリアしていったということ。

 

担任の先生を味方にするなり、それも無理な場合は、

その反動を勉強へのモーレツな集中に生かすなり・・・。

たくましく、乗り越えていきました。

 

勉強に集中するには、どうすればいいか?

 

その一点のみを考えて行動すれば、

おのずとその場に最も適した答えがでてくるのでは?

理想の環境や出会いを求めて合格できるようにがんばる・・・・。

 

 

九月も、もう終わるってことは、十月がやってきて、そのあとに、

十一月もやってくるということ・・・な晩に。

 

分倍河原校  杉原 雄一郎

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena分倍河原] 『平成〇〇年 共同作成 過去問結果速報 分倍河原等篇』

コメント数:0   投稿日:2020/09/25 16:28:20 

こんばんは。分倍河原校の杉原です。

率直に結果から。

 

① Мさん  61  東〇見校舎

② Oさん  57  分〇河〇校舎

③ Tさん  52  分〇河〇校舎 

 

平均点  42

 

講評

良かった点

春先から続けてきた、細かく書くという点において、

特に問3においては、ほとんどの生徒ができていた(ただ・・・)。

この時期にしてはかなり完成度が高い。

 

悪かった点

要約問題のポイント抜け。

作文の構成バランス。

体験例の感動率や変化率が低い。

つまり、細かくは書けているが、ポイントがズレている。

 

本文の要約から、どんな体験を書けばいいのか?

 

また、この時期で字が汚い、あるいは、薄い生徒は、

もはや、戦えていないことを反省したほうがいい。

 

 

改善方法

身の回りにいる大人(家族でも、先生でも)と

自分の考えを落ちついて、論理的に話す練習をしましょう。

何か、テーマを探しながら。

身の回りにテーマはたくさん、転がっています。

見つけるところからも訓練です。

 

会話は、文章構成の練習にもなります。

おしゃべりではなく、意見や考えを言い合う練習です。

受検生、受験生ですから。

そういう意識も持ちましょう。

なんとなく、受けるのではなく、

しっかりと照準をあわせて。

 

オリンピック選手やプロスポーツ選手のように。

狙って挑戦すれば、結果はどうであれ、

次へは必ず、生かせるはずです。

 

雨好きな私にとっては、テンションのあがる晩に。

 

分倍河原校  杉原 雄一郎

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena分倍河原] 『第二の実験(the second challenge)』

コメント数:2   投稿日:2020/09/18 22:24:08 

こんばんは。分倍河原校の杉原です。

 

平〇〇年度  桜〇館中

① Мさん  49

② Kくん  48

 

結論

「試行錯誤した経験・悩んで解決した経験」の体験ストックを

ダッシュで書き溜めよ!

400字詰め原稿用紙に三本ずつ、二段落のみを書く。

 

注意すべき点

①じっくり②細かく③対比的に

 

テーマ

❶習い事系(成長度を書きやすいから)

水泳・ピアノ・ダンスなど。

どこに気づいて、どう練習したら、どう上達した?

❷お手伝い系

家族内でのお手伝いをやってどんな変化や

気づきがあったか?

❸社会的協力系

学校の委員会、給食当番、掃除当番、運動会、学芸会等

みんなと力を合わせて何かを得た経験。

(思いやりを漂わせながら)

 

これらを意識的に体験ストックに入れながら、

仕上げるとパワーアップできるのでは?

という推察・・・。

 

ボス「ちょっと情報が、濃すぎやしないかい?」

ジョーク・スライダー「あまりにも書けていない作文に

居てもた立ってもいられずに・・・」

 

日南産の早摘み蜜柑が酸っぱすぎて、顔がムンクになりつつ、

それでも完全に身体がアルカリ性になって、リフレッシュされた晩に。

 

分倍河原校  杉原雄一郎

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena分倍河原] 『はたして、五年生は?』

コメント数:0   投稿日:2020/09/18 22:23:35 

こんばんは。分倍河原校の杉原です。

今日は試しに・・・五年生では、過去問をどこまで解けるか?

 

平成〇〇年 桜〇館中

1位   Oくん   38

2位   Aさん   38

3位   Yさん   36

4位   Hくん   35

 

平均点

問❶ 7/10

問❷ 14/30

問❸ 15/60

 

結論と対策

①要約の探し方と細かい鍛錬

②ポイントを押さえた体験ストックの書き溜め

 

以上の2点を鍛えていけば、6年生とも遜色(そんしょく)なく、

5か月後に戦えるのではないか?

いや、

 

戦わせてみたい。

 

また、最近、「第2段落の体験が長くなって、書きたいことが

書けなくて、点数が低くなっちゃうんですけど・・・」

という質問が多くなっています。

 

改善点としては、字数を意識して、その制限内で

書けるように逆算して書いてみては?というのが挙げられます。

字数を意識すれば、自ずと書かなければならないものしか、

残ってこないはずなので。

 

ただ、これは、書けるひとの悩みなので、

その段階にきていることは、自信を持ってください。

もう一歩ですから。

 

気づいたら、次の月曜(祝)って、国立校舎で中三日特の立川コース国語?

世の中は連休・・・でしたっけ?な晩に。

 

分倍河原校  杉原 雄一郎

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 612345...最後 »