中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena新御徒町の校舎ブログ一覧

[ena新御徒町] 7月31日(土) ena新御徒町ブログ

コメント数:0   投稿日:2021/07/31 13:00:51 

こんにちは。ena新御徒町 校長の寺門です。

 

第2期に入り、本校では小3、小4、小5、小6、中1、中3生が夏期講習授業を受けています。

期の4日目。生徒たちは大変落ち着いていて、とてもよく集中しながら授業を受けられています。

子供たちは大人よりもはるかに活力を持っているもので、疲れすぎず、明るさを保ったまま過ごせています。

特に小6・中3受験生は順調に努力値を積み上げています!!! なかなか頼もしいです。

 

寺門

 

佐藤先生を模したキャラクター。佐藤先生、カピバラに似ているんですよね。

img-3049

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena新御徒町] 7月23日(金) ena新御徒町ブログ

コメント数:0   投稿日:2021/07/23 13:26:32 

こんにちは。ena新御徒町 校長の寺門です!

 

いよいよ夏期講習が始まりました。初日から楽しい時間が続いています!

 

新御徒町の夏期第1期は、小6・中2・中3の授業があります。

 

どの学年も個性が強いですが、7月までに成績面では順調に推移している生徒がほとんどです。

 

私たちは何があっても「励ます」スタンスを崩さずに、しかしメリハリを持てるように指導をしてきました。

 

講習の序盤は、半年間の内容を振り返る良い機会です。

 

日に日に成果が出るように、精一杯サポートをしていきます!

 

 

生徒作のイラスト。こんな風に見えているのですね。

 

img_2966

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena新御徒町] 7月13日(火) ena新御徒町ブログ

コメント数:0   投稿日:2021/07/13 15:14:37 

こんにちは! ena新御徒町 校長の寺門です。

 

「テストは何のためにあるのか」を、冷静に考えてみることって大事ですよね。

少なくとも、「自分の今後のため」にあるんだということは、忘れてはいけません!

 

得点や偏差値、順位だけを見て、気持ちが上がったり下がったりするだけでは、

「感情が揺さぶられた」だけで、ほとんど「娯楽」と変わりがありません。

もったいないです。

 

私は、「自分で自分を励まし、自分で自分を一歩動かすこと」が大事だと思います。

 

「ここはやっぱりできたじゃないか!このまま続けよう!」

 

「ここは他の生徒に遅れを取っている。じゃあやり方を変えて、新しくこんなことをやってみようか!」

 

「できたのは努力ができたから! できなかったのはやり方が間違っていたから!」

 

結果を見たときに感じた気持ちを、自分だけの「励ましの言葉」に変換して、

「行動」レベルになるまで落とし込むことが肝要です。

 

模試が続き、打ちひしがれている生徒もいると思います。

 

ショックを受けたり、へこんだりすることを選んでしまっているのもまた「自分」なのです。

 

終わったことの結果を変えることはできません。

せっかくなら、前を向いて進める自分をつくる機会にしてしまいましょうよ!

 

 

小6生の夏期前ラストの「日々学確認テスト」。

全校50位以内に入ることを年初から目標にしてきましたが、

ラストで、目標達成できました!宇都宮先生の喜びのメッセージボードです。

小6生、よくやった!おめでとう!

img_2946

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena新御徒町] 7月10日(土) ena新御徒町ブログ①

コメント数:0   投稿日:2021/07/10 14:19:33 

こんにんちは! ena新御徒町 校長の寺門です。

 

夏期に向けて、どの学年も前期の内容の終わりが見えてきました。

中学部は定期試験結果を受けて、勢いに乗る生徒と、より頑張ろうと奮起する生徒に分かれていますが、

「自分だけの反省点」を自覚しながら、前に進もうとする姿は共通しています。

私たちはそのサポートに徹します。成果が得られる勉強方法をつかみとれるのは「自分だけ」です。

日々よく考え、成功からも失敗からも多くのことを学べるように「トライアンドエラー」を続けましょう!

 

夏期講習に向けて準備を進めています。

小5、小6生が残席僅少です! 中学生はどの学年も教室の兼ね合いで残席わずかです。ぜひお早めに!

 

寺門

 

中3の社会の暗記カード。工夫して覚えられています!

img_2789

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena新御徒町] 6月29日(火) ena新御徒町ブログ

コメント数:0   投稿日:2021/06/29 15:33:25 

こんにちは! 校長の寺門です!

 

問題演習をやったあとに、「この問題、出来た人?」と聞き、手を挙げてもらうことがあります。

宿題提出についても、現物を提出してもらいつつ、全体の場で、「提出できた人?」と聞くことがあります。

そして、手を挙げられた生徒とは、「おめでとう!」「しっかりやれているね!」といった言葉をかけつつ、

目でも褒めます。笑

 

これを繰り返しているだけなのですが、自然に成長していきます。

手を挙げた子が、ではありません。手が挙げられなかった子たちが、です!

「小さなひっかかり」や「小さな目標」ができるからです。手を挙げられなかった、という事実が、

手を挙げるようになる方向に自然に引っ張っていくイメージです。

 

手を挙げられなかった生徒が誰なのかを、割と意識して見ています。

そして次回、もし手が挙げられれば、大いに褒めます!

 

手が挙げられないことが続く生徒も、そんなに時間がかからずに、急に手を挙げるようになります。

その時はたいてい、何かしら「これまでとは違う工夫」をしているものです。そこも必ず拾います。

「なるほど!そうすればできるんだね!発見じゃん!」

 

生徒は環境によって変わります。「常に見てもらえる、認めてもらえる」からこそ、伸びるのです。

生徒たちに楽しみに通ってもらえるように、私たちは日々工夫をしていきます!

 

寺門

そして盛り上がる定期試験対策!レッド佐藤先生!

 

img-2763

 

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 3123