中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena駒沢大学の校舎ブログ一覧

[ena駒沢大学] ena駒沢大学 ☆祝10周年☆

コメント数:2   投稿日:2021/12/01 17:17:46 

ena駒沢大学は2011年12月に開校しました。

本日2021年12月1日で

ena駒沢大学は10周年を迎えました!!

これはひとえに保護者の皆様の温かい支えがあってこその10周年です。

本当にありがとうございます。

 

 

 

『かわろう。かわらないために。』

 

 

 

なんだか一昔前の桜修館中の作文の問題になりそうな言葉ですが、この言葉は私が校舎を運営するうえで柱にしているものです。

 

世の中はめまぐるしく変わり続けています。

教育現場も同様です。

2020年から小学校では英語が科目として必修化されました。

2023年春入試より都立高校は英語のスピーキングテストを導入します。

2024年デジタル教科書が本格的に導入される予定です。

すでにタブレットが一人一台ずつ学校から貸与されており、課題の提出などはタブレットを通じて行うことも増えてきています。

昨年は3月から5月末まで約3か月間、公立の学校はコロナによって学校での授業が行えなくなりました。

enaではその間、zoomでのリアルタイムの授業と映像による単方向授業を組み合わせることで生徒たちの勉強量の絶対量の確保につとめました。

ほんの2年前と今を比べただけでも教育現場を取り巻く環境はガラッと変わりました。

2年前、公立小中に通う生徒たちが全員タブレットを持って授業を行っているなど考えられない光景でした。

映像で授業を行うなんて・・・、デジタル教科書なんて・・・

そんなことを言っていたら時代においていかれてしまいます。

その時その時でニーズは変わってきます。そして、それはめまぐるしく変化していっています。

新しいものを取り入れるというのは莫大なパワーを要します。

しかし、その状況に最適なものを勇気をもって取り入れていく、これが『生徒の学力を上げる』という教育の本質を実現するために必要なことだと思います。その本質を見失わないために、それを遂げるために、enaは、ena駒沢大学はかわりつづけてきました。

 

10年前。

開校したばかりはここ世田谷では全くenaという存在は認知されていなく、加えて、ひよっこ校長だった私は本当に毎日が試行錯誤の日々でした。とにかくこの地域ではまだ知名度も低かったこのenaを信じて通ってくれている目の前の生徒の学力をあげよう、なんとしてでも合格をさせよう。その強い思いのもと指導に励んできました。

当時のena全体での桜修館中合格者は15名。

そこから、パイオニアとしてenaの桜修館中実績対策責任者を拝命し5年間務めさせてもらいました。

そして2年前、enaが単独で桜修館中合格者1位をとることができ、昨年度は過去最高の合格者をだすことができました。

現在は、念願だった戸山高校の実績対策責任者を務めさせていただいております。

enaが戸山高校で1位をとれるように日曜特訓などで奮闘している日々です。

 

10年がたち、良くも悪くも年はとりましたが、塾講師としていい感じに脂がのってきました笑。

10年間この仕事をやらせてもらって思うことは、受検(受験)を通じて子供たちは大きな成長を遂げるということです。勉強の習慣がつくのもそうですが、なにより、自分の決めた目標に向かってやりきれる力、強靭な意志が育まれます。といっても、それは全力でやりきった場合です。だからこそ、塾講師は勉強を教えるのは当たり前ですが、受験勉強を全力でやりきらせること、時にほめ、時に厳しく接し、一緒に笑い、悲しみ、喜び、その時々の強い感情を共有する、これが最も大事なことだと思っています。

小6にしろ中3にしろ全力で指導をしているので、受検(受験)を通じて強い絆が生まれます。

そのため、生徒たちは卒業してもよく校舎に遊びに来てくれます。

一昨日、中学時代はやんちゃだった卒業生が慶応大学に合格したという報告に来てくれました。(本当に立派になりました)

また、その2週間ほど前、リベンジ組だった頑張り屋の卒業生が早稲田大学に合格したという報告に来てくれました。(見事リベンジ、泣きそうになるくらいうれしかったです)

毎年卒業生たちが続々と報告に来てくれます。

卒業してからも帰ってきたくなる塾、それを引き続きつくっていきます。

まずは今年の小6生、中3生を第一志望校に通せるように全身全霊で指導をします!

11年目を迎えたena駒沢大学を今後とも応援よろしくお願いいたします!

%e5%9b%a3%e6%97%97%ef%bc%95

 

 

 

 

 

 

 

 

ena駒沢大学校長 吉永貫太

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena駒沢大学] 明日小5学判!頑張りましょう!

コメント数:0   投稿日:2021/11/29 21:55:07 

こんにちは。

ena駒沢大学の山中です。

 

明日、小5は学力判定テストを行います。

本日は学力判定テスト前日!

今日は「速さ」の算数分野や「ふりこの運動」「電磁石」の理科分野をしっかり復習して明日のテストに向けて熱心に勉強しています。

image_6483441-2

 

img_4456

 

 

 

 

→頑張ってますね☆最近日々学の小テストの点数も上がっています!この調子!

 

 

本日、以前実施したテスト

「円周率の計算(3.14×(1ケタ))」

を抜き打ちで行いました。

 

抜き打ちにも関わらず、

ほとんどの生徒が満点をとっていました!!

すばらしい!!

 

円周率の計算は小数の計算でややこしいですよね、、、。

でも!

覚えていれば

計算ミスも減る!

計算時間の短縮にもなる!

さりげなく友達に自慢できる!(笑)

 

算数は考える力ももちろん大切ですが、

知識として頭に入れておくと

解くスピードが速くなり、

考える視野が広くなります。

 

明日いい点数をとれるように頑張ろう!!

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena駒沢大学] 日頃の授業を大切に

コメント数:0   投稿日:2021/11/22 21:09:18 

こんにちは。

ena駒沢大学の山中です。

 

どの学校も定期テストが終了しました!

現在結果は聞き取り中ですので、結果がでましたらお伝えしていきます。

 

本日、中2では数学の授業がありました。

単元は「平行線と面積」です。

image_50417665

等積変形がキーワードの単元ですね。

(↑底辺と平行な直線に沿って頂点を動かしても面積は変わらない)

一次関数との融合問題がよくでてきます。

この等積変形はとても重要な単元で、都立高入試のテストでよく出題される単元になります。

実際、去年の都立校共通で出題されました!!

(私が先週扱った中3の過去問にも出ていました)

 

都立高の入試は科目にもよりますが、中1中2の単元からもよく出題されます。

逆に言えば、中1中2の今からでも基礎を確実に定着させることで

入試対策につながるのです。

 

日頃の授業の取り組みが大切です。

一日一日の授業を大切にしましょう。

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena駒沢大学] 定期試験がスタートしました!

コメント数:0   投稿日:2021/11/15 20:50:47 

こんにちは。

ena駒沢大学の山中です。

とうとう定期試験がスタートしました!

image_50404609

 

今日は定期試験がスタートした学校もあり、はやく塾に来て自習する生徒が多くいました。

素晴らしい!

image_6483441-1

現在、授業では定期テスト期間に入っているので自習となっていますが、

生徒の苦手なところを聞いて個別に質問対応したり学校別に対策も行って、苦手克服をしています。

苦手分野を克服することが一番の得点アップの秘訣です☆

 

頑張っていきましょう!

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena三軒茶屋] 日比谷高校合格に向けて⑤

コメント数:0   投稿日:2021/11/15 17:48:05 

こんにちは。ena中学部英語科教科責任者の舟木です。

今回は②でお伝えした英作文に向けた取り組みについてお伝えします。

日比谷高校の英作では「英文整序問題」に加えて、「イラストを見てその状況説明とその状況に対する自身の考えを述べる問題」「会話や本文の流れに合うように本文中の空所に入る発言を自分で考えて述べる問題」「本文内容を踏まえて自分の考えを述べる問題」等の問題が出題されています。

このような問題は日比谷のみならず他の自校作成でも出題されており、テーマが部分的に被る可能性も十分にあります。

従って、少なくとも日比谷や西高校、国立高校、戸山高校、青山高校の過去4年分の問題や国際高校の過去問(80語~100語)、お茶の水女子や筑波大附属などの国立大附属の英作文問題を50語以上の英文で書く等の対策をする必要があります。

上記内容を実施する際には以下の点に注意してみてください。

 

・これまでに使ったことのない表現を無理に使わない.

・意味もなく接続詞を使わない.

・構文を積極的に使う.

・同じ内容や表現の繰り返しはしない.

・述べたいことを簡単な内容に言い換えてわかりやすい文で表現する.

・問題の条件に従う.

 

これらは決して特別なことではありません。至って簡単なことです。しかし案外できていない受験生が多いというのが現状です。

 

配点の大きい英作文(12点問題)に関しては字数が不足していても部分点が入る可能性がある(さすがに不足が大きい場合は0点)ため是非とも得点してほしいと思います。しかし十分な英作トレーニングを繰り返さなければここで得点し差をつけるのは難しくなります。是非とも上記項目を意識してトレーニングを積み重ねてください。

 

尚、「英文整序問題(配点は1問4点)」に関しては都私立問わず多くの学校で扱われている問題分野です。一定の量をこなすことで速く解けるようになるため、11月28日に実施される後期日曜特訓(英文整序回)にて対応力を集中的に鍛えておきましょう

 

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 41234