中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena池上の校舎ブログ一覧

[ena池上] 池上日報 #203 作文は自分の成長物語

コメント数:0   投稿日:2021/05/10 22:56:05 

こんにちは。ena池上の長井です。

写真は、今日の小6作文Aクラスの様子です。

0499d3ec-77fe-4e39-93d3-4c1802b0c597 0a4ec7d1-4809-4968-a363-8bf1d4a0a2a6

構成メモをもとに黙々とシャーペンを走らせている池上生。

添削された作文をその場で適切に書き直し、次につなげる。

その積み重ねが確実に力になっています。

 

さてさて、本日の英語ことわざクイズ…

ではなく!

今日は「四字熟語」クイズを出題します。こちらです!

So many men, so many minds.

国語の授業で必ず学ぶ四字熟語です。

どの四字熟語にあてはまるでしょうか・・・?

 

正解は…

「十人十色」!

小6作文Aクラスの生徒は

しっかりと練った構成メモを土台として

適切な作文構成&内容の作文を書いて提出します。

それを添削していると、

まさに十人十色だなぁ!

という印象を受けることもしばしば。

もちろん

字体で誰の作文かは判別がつきますが、

文体や体験の内容でどの生徒が書いたかも、

池上では容易に判別がつきます。

(それだけ一人一人の個性が際立っているのです笑)

ある程度作文を書くコツをマスターすると、

つい「味気ない」

そして「無難な」

内容になってしまいがち。

「綺麗に」まとめすぎてしまうのです。

あまりにオリジナリティ溢れる内容も

節度というものがありますが、

自分の成長(気づきや発見)を存分にアピールするように!

と指導しています。

そして

その体験を今後どのように活かしていくか。

作文は自分の成長物語なのです。

これからも彼らの成長をしっかりとサポートしてまいります!

長井

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena池上] 池上日報 #202 小学3年生

コメント数:0   投稿日:2021/05/08 15:04:18 

こんにちは。ena池上 受付小林です。

小学3年生は週一回、毎週土曜日に国語と算数の授業です。

以前、私は3年生から塾は早過ぎると思っていました。

しかし授業の様子を見ていて

週一回無理なく通い、徐々に塾に慣れ勉強にも慣れていくのも

悪くないなと考えを改めました。

実際3年生笑顔でenaに来てくれています。授業自体も楽しそうです。

3年生、土曜日に体験にいらっしゃいませんか?

 

img_0288img_0287

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena池上] 池上日報#201 偏差値は上がらない。

コメント数:0   投稿日:2021/04/28 21:51:53 

こんにちは

ena池上の町田です。

 

今回のブログテーマ「偏差値は上がらない」です。

えっ!?と思われるようなタイトルですね。

 

1校舎の校長が「偏差値は上がらない」と言い切っている訳ですから驚きですね。

 

詳しくご説明すると

偏差値とは、母集団(ena生)における平均点との乖離によって決まる、自分の立ち位置の様なものです。。

ena生の平均点と自分の点数が同じだった場合、偏差値50です。

 

enaは授業カリキュラムがあらかじめ決められており、どこのenaでも同じ曜日に同じ授業が展開されています。

つまり、全員が同じ授業を受けていますので、ena内での自分の立ち位置(偏差値)は変わらないのです。

もちろん、単元ごとの得手不得手がありますので月ごとで上がった下がったはありますが、あくまで目指すべきところは都立高・都立中への「合格」です。

 

enaの統一的なカリキュラムの中で全員が同じ勉強をしていたら、差がつくと思いますか?

出された宿題だけ取り組む⇒ena生全員が行っていることなので、「偏差値は上がりません」

出された宿題がやりきれない⇒遅れをとるので「偏差値は下がります」

出された宿題以外も取り組む⇒君だけの取り組みですから「偏差値が上がります」

 

前置きが長くなりましたが、一番伝えたいことは

宿題だけで満足していたら「偏差値は上がらないぞ」

ということです。

新学年になり、環境も変わり疲れが出てくるこの時期だからこそ

 

目線を上げて

目標を決めて

細かな計画の元で

黙々と取り組む

 

宿題はちゃんとやっているのになかなか成績が伸びない…。

当たり前です。

宿題+αに取り組んでいる子がいるのですから。

宿題+αに取り組んでいる子がさらに上へ行きますので偏差値という数値で見れば上がる訳がありません。

(できなかった単元・問題が解けるようになった。という成長は除きます)

 

GW前に偏差値と自分の学習姿勢を見つめ直してください。

その上で、どのようにGWを過ごしますか?

小4・5、中1・2はGW課題を出します。

小6・中3はGW特訓がありますから、そこで鍛えて来てください。

私も参戦します。

img_2179

カリキュラムを越えてゆけ!!

 

~お知らせ~

4月29日から5月5日まで休校です。

お電話・ご来校の対応が一切できませんのでご了承下さい。

町田

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena池上] 池上日報#201  ゴールデンウィーク期間中の授業について

コメント数:0   投稿日:2021/04/28 15:32:42 

GW期間中の休校日についてお知らせします。

2021年 4月29日(木)~5月5日(水)

通常授業はありません。

自習室も使用できませんのでご注意ください。

 

コロナには十分気を付けて、ゴールデンウィーク明けにまた、楽しく勉強しましょう。

 

img_0474 img_0465-1

 

written by 橋本和敏

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena池上] 池上日報#200 失敗は成功のもと

コメント数:0   投稿日:2021/04/26 21:47:45 

こんにちは。ena池上の長井です。

本日の写真は、小6作文Aクラスの様子です。

メンバーも入れ替わり、心機一転!

皆、気合が入っています!

44d767d6-1552-4d30-8994-f625828bde67 c113e181-0ce6-4ba0-a1c1-36adfb184ef7

今日は早速、英語ことわざクイズを出題します。

どんな意味でしょうか?

Failure teaches success.

正解は

「失敗は成功のもと」!

授業の冒頭で行う小テストで、

わかっていたのに

ケアレスミスをしてしまい

心の底から悔しがる生徒。

読解の選択問題で、

4つのうち2つに絞ったのち、

正答ではない方を選んだ自分を

悔いる生徒。

「あと10秒あったら書けたのに〜!」

「最初はそっちを選んでたのに〜!」

「答えを変えなければよかった〜!」

毎度、このような悔恨いっぱいの声があがります。

 

授業では、この悔しさを体験することに意味があると思います。

その悔いる気持ちをバネに、

もう二度と同じ間違いをしない!

勘・・・!

とか、

何となく・・・!

ではなく!!

正確さをもって

読解なら必ず本文に根拠を求めることを

クセづける。

そうして、次に繋げていけば良いのです。

「また間違えた!もう嫌だー!」

と言いながらも、

次の瞬間…!

単語のスペリングやら

漢字を練習し出す池上生は

とても逞ましいです!!!

長井

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 1012345...10...最後 »