中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 都心地区

[ena目白] ☆目白通信☆神無月【4】 -お絵かきしながら-

コメント数:0   投稿日:2020/10/22 16:11:58 

こんにちは!

ena目白校長の二川です。

本日は小4社会の授業の様子をお伝えします。

小4社会都道府県の単元に入りました。

ena目白では、毎年、ノートに地図を作成しながら都道府県を覚えています。

2019年の様子↓

p1020522

2020年の様子↓

p1030467

小4のうちに都道府県を完璧にしていきましょう!!

校長:二川

ena目白
Tel:03-6908-0281
Fax:03-6908-0282
E-mail:mejiro@ena.co.jp

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena目白] ☆目白通信☆神無月【3】 -頂点奪取計画-

コメント数:0   投稿日:2020/10/13 11:28:14 

こんにちは!

ena目白校長の二川です。

いよいよ、中3生向けの理社完全制覇コンテストが開催されます。

p1030466ena全校No.1になれるように、準備を進めています。

開催まであと1週間!!

校長:二川

ena目白
Tel:03-6908-0281
Fax:03-6908-0282
E-mail:mejiro@ena.co.jp

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena目白] ☆目白通信☆神無月【2】 -どっちもOK!-

コメント数:0   投稿日:2020/10/08 11:16:02 

こんにちは!

ena目白校長の二川です。

毎週水曜日中1国語英語の授業日です。

国語では、名詞を扱いました。

p1030464

生徒とのコミュニケーションを図りながら授業を進められるのが、やはり対面授業の強みだと言えると思います。

しかし、映像授業も復習などにはピッタリです。

12812157723243

ena目白中1の生徒は、映像授業で行われているものを直接見られるので、大変お得です!(たまに、映像授業では言っていないことも聞けます!)

是非、中1国語英語の授業を受けに来てください!

校長:二川

ena目白
Tel:03-6908-0281
Fax:03-6908-0282
E-mail:mejiro@ena.co.jp

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena目白] ☆目白通信☆神無月【1】 -ようやく出会えた-

コメント数:0   投稿日:2020/10/03 08:25:09 

こんにちは!

ena目白校長の二川です。

ようやく、豊島区新宿区の中学校の1学期の内申点が出揃いました!

コロナの関係で、後ろ倒しになってしまいましたが、ここから、内申点も含め、志望校に対して、どのような対策をするのか、一緒に考えていきます。

p1030462

平江先生お手製の志望校分析シートです。

生徒1人1人に合わせて作成し、配布していきます。

校長:二川

ena目白
Tel:03-6908-0281
Fax:03-6908-0282
E-mail:mejiro@ena.co.jp

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena目白] ☆目白通信☆長月【7】 -なにをしていいかわからなくなったら-

コメント数:0   投稿日:2020/09/28 21:40:57 

こんにちは!ena目白平江です!

今日はもうまもなく10月ということで、受験学年の生徒は本番までの時間が着実に近づいてきているということを日々感じていると思います。

が!!頭では残りの期間が少なくてなんとなくやばいことは分かっているんだけど、自分がどれくらいできるようになったかを実感できず、何を勉強すべきか分からなくなっている人や、精神的に少しだれてきている人もいるのではないでしょうか?

毎年この時期はそういう気持ちになる生徒が多いような気がします。

僕も受験生のころ(高校生ですが)は10月11月あたりで過去問がある程度できるようになってきて余裕をかましていました。

結果、国語は大失敗しました笑 今となっては笑える話ですが、当時は国語の自己採点中にとなりで母親が気絶しそうになっていたのを今でも覚えています笑

 

成長した実感がわかない】というのは受験生にとって非常に大きな悩みの一つです。

それは目に見えるものではないからです。唯一可視化できるものがあるとすればそれは模試などのテストの点数でしょう。

ですが、その時々のコンディションや、出題される問題によって、出来がいい時と悪い時があるのもまた事実です。

 

これは個人的な意見ですが、模試の点数や合格判定などは正直一喜一憂するほどの価値はそこまでないと考えています。

もちろん点数が良かったときは成長を実感することができるかもしれませんし、それが次へのモチベーションになる子とも多々あります。

ですが、勝負は本番です。

もし本番の試験で自分の苦手な問題ばかりが出題されてしまったら、簡単な計算に時間を取られてしまい、頭が真っ白になってしまったら。

自分はそういった状況に対処できないんじゃないだろうかと感じると思います。

要は、いかに本番で自分の力を出し切ることができるかにかかっているのです。

本番で100%の力を発揮できる人なんてそうそういません。

ただ、それに近い力を発揮するためには、そういった状況を経験しておく必要があるのです。僕も今小学6年生と中学3年生に極度の緊張を与えることのできる方法はないか考えています笑

 

そして、そこで成長を実感するための1番の方法は、自分の苦手な分野を1つずつ克服していくこと。これに限ります。

この分野の問題は前にも解いたからできるはず、と試験中に感じる瞬間が最も本人が成長を感じることのできる瞬間です。

 

僕も今後はそういった成長を感じられるような授業構成にしていくつもりです。ここで何をしたらいいかわからない人は、今自分が解けない問題を解けるようにしましょう!

どの科目でも、ここまでは解ける!というのが必ずあると思います。まずはそこからはじめてみましょう。

 

それから、先週から学判が始まりました。

土曜日は小学3年生の学判がありましたが、その前にまず【ふしぎ教室】がありました!

今回は、重曹とクエン酸を使ってバスボムを作るというものでした。

みんなシュワシュワする謎の粉に大興奮してました笑

 

image7

 

 

 

 

 

image8

 

 

 

image6

 

楽しそうで何よりです笑

今週も授業頑張っていきましょう!!

ena目白 平江

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 512345