中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 都心地区

[ena蓮根] ena蓮根より【344】

コメント数:0   投稿日:2021/04/22 17:47:53 

校長の橋口です。

4月なのに夏日連続です。

汗ばむ季節の到来ですね。

image0-2021-04-22t172747-635

今日の小6生たち…半袖率高まっています。

 

来週後半からはゴールデンウィークが始まります。(今年も自粛期間?)

中学生のみなさんは定期テストの準備を始めましょう!(お籠り中に)enaワークを進めましょう!

休み明けから本格始動!

image0-2021-04-22t172806-763

 

あっという間に春が過ぎようとしています。

 

春の皿には苦みを盛れ

旬の食材を食べ、季節を楽しむことの大切さを意味することわざだそうです。

この季節には家族でよく山菜を摘みにいきました。

タラの芽、ウド、セリ、ワラビなどなど

摘む行為そのものがとても楽しかったですね。

もちろん、美味しく食べることで正に季節を味わう幸せを感じていました。

 

そういえば、潮干狩りにもよく行ったなぁ。

行く度にたくさん採ってしまうので、そのあと何日かはアサリ料理が続いたけれど…

 

ホタルイカ、ヤリイカも大好き。

旬を愛する、橋口です。

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena蓮根] ena蓮根より【343】

コメント数:0   投稿日:2021/04/16 21:24:32 

校長の橋口です。

中1・中3学力判定テスト

image1-2021-04-16t195450-308 image0-2021-04-16t195419-895

成績アップのカギは

漢字・計算・単語

いずれも反復練習で確実に得点できるところです。

努力した分だけ成績があがります。

頑張った→できた→ヨロコビのサイクルをつくりましょう。

ダブル映像システムも最大限活用して復習を充実させていきましょう。

 

中1の立ち上がりで英語を得意科目にするべく指導しております。

英語でつまずく子どもは意外にも真面目な子も多く存在します。彼(彼女)らは真面目さゆえに英語を日本語でわかろうとして、「わかんなーい」となりがちです。

言語そもそもの成り立ちや背景となる文化が異なるので、日本語でわかるはずがないのです。

まずは「わからない」ことを受け入れて、英語のルールに従うように気持ちを切り替えましょう。

そして、みなさんの本来持っている真面目さをいかして、とにかく反復練習あるのみです。英語は、わからないのではなく、知らないだけなのです。

声に出して勉強することも大変重要なポイントです。とにかく声に出してスラスラと読めるまで反復練習、声に出しながらスラスラ書けるまで反復練習です。ただ声に出すだけでなくリズムも大切です。

迷わず音読、そして反復練習すれば必ずできるようになります。

授業内でもしつこく楽しく音読させております

 

校舎美化!!

image2-17

マスクにマウスシールド装着徹底中!消毒、換気徹底中

マスク・マスクシールド、口元が見えないので、発音が教えづらいです。

 

umrellaの発音はこの時期の指導でよく使います。唇と舌の使い方がポイントなのにな。

 

橋口です。

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena蓮根] ena蓮根より【342】

コメント数:0   投稿日:2021/04/10 15:41:10 

校長の橋口です。

都立中合判

image0-2021-04-10t143008-696

帰ったらすぐに解説動画を見て復習しましょう。

できなかった問題こそが伸び代です

 

中学生のみなさん

enaワーク

image0-2021-04-10t143030-604

定期テスト対策に向けてena生必携です!

都立高はもちろん、私立高入試でも内申点は重視されます。

行きたい高校を自ら選択するためには内申アップは欠かせません。

早目早目の対策が必要です。

中間テストに間に合うように申し込みましょう。

4月13日までのお申込み分は4月23日

4月20日までのお申込み分は5月7日に校舎着です。

新しい環境での生活が始まりましたね。

自己紹介が苦手

橋口です。

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena蓮根] ena蓮根より【341】

コメント数:0   投稿日:2021/04/05 19:07:55 

校長の橋口です。

春期講習最終日

image1-2021-04-05t150007-111 image0-2021-04-05t150003-653

講習のよいところは毎日授業があるという点です。5日単位で連続して学ぶことで単元の理解がしやすく定着もよくなります。授業→復習のリズムもつかみやすいです。もちろん学習量が確保できることも重要です。学年にもよりますが、例えば小6なら1日300分×10日間で3000分!本科都立中コースは週600分なので春期講習の10日間で1か月強の学習量をこなしたことになります。生徒の皆さん、よく頑張りましたね。

 

夏期講習は春期講習の2倍以上の日程になります。お楽しみに!!

 

その前にGWです。

image0-2021-04-05t145934-838

申込絶賛受付中!!

受験学年のみなさん、誰もが頑張る夏休みまでが成績アップのチャンスです。夏までにとにかくたくさん勉強しましょう。

今でしょ!(古っ)

4月6日(火)は休講日です。本科授業はありません。事務受付は14:00~19:00です。

4月7日(水)から本科授業再開です。

今日は冷たい雨…

みなさまご自愛ください。

橋口です。

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena蓮根] ena蓮根より【339】

コメント数:0   投稿日:2021/04/03 15:28:07 

校長の橋口です。

春期講習8日目

日の小6作文・国語教材のテーマは「雑草」

決して恵まれているとはいえない状況下で、そのたくましい生命力で困難を乗り越えて成長していく「雑草」に私たちはあこがれ、いわゆる「苦労人」を「雑草」という言葉で称賛するという内容でした。

さて、雑草と言えば

「雑草という名前の植物はありません」

植物学者牧野富太郎の言葉です。

私、この言葉が大好きです。

雑草は一般的には価値のないもの、排除の対象ですらあります。私たちは雑草という名でひとくくりにして関心を寄せることはありません。

しかし、名前を知ることでその植物が雑草と区別された存在に変わります。今まで気にもしてこなかった雑草ではなくなり、「あ、カタバミの花がさいているな、かわいいな」「こんなところにユキノシタがあるぞ」などなど気づきがたくさん生まれます。

さまざまなものの名を知ることで、見える世界が変わります。生きている世界が豊かになります。

名前を知ることと、勉強することとは似たところがあります。

学べば学ぶほど新しい発見があり、その分だけ豊かな世界が開けてきます。

勉強の楽しさを伝え、子どもたちが主体的に学べるよう育てていくことが私の大切な仕事です。

image0-2021-04-03t151537-335

足元の花々、いくつ名前がいえるかな。

image1-2021-04-03t151546-980

蓮根文庫

春期の教材の題材になったものも複数あります。

その他も過去に出題例があるものもあります。

たくさん読んでほしい

橋口です。

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 512345