中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena一之江の校舎ブログ一覧

[ena一之江] 10月25日の一之江

コメント数:0   投稿日:2021/10/25 20:02:17 

こんにちは、ena一之江の建入です。鍋物の季節です。

 

今週は面談期間であると同時に学判期間でもあります。

(中1・2は合格力診断テストが、

中3は都立合判が学判の代わりにあります)

面談の話の中でも学判の結果も話の材料として使っていますが

生徒の皆さんの状況を見るには一番わかりやすいものの一つです。

テストの準備をしっかりと行い、結果を出そうとする。

ところが、思ったようにはいかず、満足できる結果が出ない。

ここからが一番大切な部分です。

わからないことをわかるようにするのが勉強ですから、

わからないことや出来ないことに向かわねばなりません。

ここをしっかりやっておくと、そのうち満足のいく結果に巡りあえます。

次につながる勉強こそが志望校合格につながります。

頑張っていきましょう。

 

問題演習中の中3です。

001

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena一之江] 10月23日の一之江

コメント数:0   投稿日:2021/10/23 17:31:50 

こんにちは、ena一之江の建入です。ワラービーズと勝負!

 

ラグビー好きの私はこの一戦を待っていました。

日本対オーストラリアです。

ニュージーランド、南アフリカと並ぶ最強チームの一つに

日本が挑みます。

この後もテストマッチが続くのですが

ランキングが日本より上位の国ばかりです。

この姿勢がいいですよね。

勝てる試合を組むのではなく、上位を目指して挑んでいく。

受験生の皆さん、物事はこう考えるんです。

受かりそうなところ、楽そうなところを目指すのではなく

上を、格上を目指すんです。

まだまだ皆さんに成長の余地はあります。

上を、上を目指していきましょう。

 

小3の授業風景です。漢字のテスト中です。

001

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena一之江] 10月22日の一之江

コメント数:0   投稿日:2021/10/22 20:07:53 

こんにちは、ena一之江の建入です。駅で買ったメロンパンが美味い!

 

昨日、生徒との会話の中で、

一週間前に熱中症の症状で休んでいたり、Tシャツで来たりしていたのに

今日は上着を着ないといけない季節になったといった話が出てきました。

こんなに急激に季節って代わりましたっけ(笑)

教室内も換気をする関係で窓を開け放っていますが、

少々前は冷房の効きが悪いといった話だったのが

寒い、暖房はまだなの?といった話になりました。

教室内は換気の関係でそれ相応に寒いです。

暖かめの格好で来て、必要に応じて上着を着て授業を受けてください。

 

昨日の小6の作文で使った過去問に古文が入っていました。

もっとも小学生がこなす問題ですから、現代語訳は入っています。

しかし、問題に古文が入っているだけで難度が上がった感じになっていました。

もちろん古文そのものが入試に使われることはありません。

ただ、題材として使われたことはあります。

小6には受検を見据えて、応用力を求めています。

型にはまったものだけでなく、そうでないものにも対応できないと

何が起こるかわからない入試には対応できませんからね。

そこでの古文交じりの問題だったわけです。

これからも志望校合格に向けて、様々なことをしていきますよ。

 

中1の授業風景と自習する人々です。

001 002

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena一之江] 10月21日の一之江

コメント数:0   投稿日:2021/10/21 20:50:31 

  • こんにちは、ena一之江の建入です。サイネージ復活!

 

今、行われている保護者面談の中でも

度々話題として出てくるのが、過去問演習に関してです。

 

まず、方法やペースから始まって

出来具合、演習後など様々な話が出ます。

詳細を書くと膨大な量になるので面談にてお話しますが、

生徒、特に中学生からよく出てくる話に

私はこうしてきたから、この方法で進めたい、というものです。

わかりますか、この話にある矛盾が。

 

つまり、定期テストや学判などのテストと

入試が同じものになってしまっているのです。

出題範囲、傾向、戦略や重さからいっても

全くの別物です。

しかし、意外にこれに気付かないのです。

入試の経験をしてきたことのない生徒が

過去に実践した方法などあるはずもないのですが、

定期テストなどと混同し、自らの方法を押し通そうとします。

当然、結果がついてきません。

例えば、漢字の練習をしている生徒がいます。

漢字をたくさん書いたり、写したりするのです。

確かに漢字は必ず出題されます。

しかし、どこからどんな問題が出てくるのかわからないのに

ヤマをはって、時間をかけて、たくさん書くのは意味のないことです。

過去問の中に出題されたものをその場で確認をするのです。

今、過去問の結果が出ない生徒には

こういったことも考えられます。

一つ一つを見て、正しい方法も指導していきます。

 

中2の様子です。ちなみに休憩中です。

001

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena一之江] 10月20日の一之江

コメント数:0   投稿日:2021/10/20 19:47:06 

こんにちは、ena一之江の建入です。肩こりが痛い!寒暖のせい?

 

家でテレビのチャンネルを変えていると

Eテレで在りし日の柳家小三治の落語が放送されていました。

落語の中身は「千早振る」でしたから

いわゆる大ネタではなかったのですが

さすがは稀代の名人とばれただけあり、さすがの芸でした。

立て板に水のごとくよどみない話し方だけでなく

間の取り方、テンポ、強弱など

人前で話すことによって生計を立てているという

共通点を持つ身としては

参考になることがたくさんありました。

YouTubeで見た立川談志の落語も凄く、

大いに勉強になりましたが、今回も大いに勉強になりました。

虎は死して皮を残すと言いますが

本当にそんな感じでした。

 

今週より保護者面談を行っています。

ご家庭での様子をうかがったり、必要な情報等をお伝えしたりと

色々とお話をさせてもらっています

お子様を良い方向へ導くために有益な場となればと考えています。

宜しくお願いします。

 

自習+中3の問題演習風景です。

001

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 1112345...10...最後 »