中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena多摩センター] 磁石でふしぎ教室

コメント数:0   投稿日:2016/05/28 22:04:35 

今日の小学3年生のふしぎ教室は、磁石を使った実験を3つやりました。

 

1つめの実験。

鉄粉に磁石を、いろいろな角度で近づけてみます。

 

 

磁石にひきつけられて、鉄粉が動きましたね。

鉄粉が形を変えていき、生徒たちからは「何だかきもちわるい…」という声も。

 

2つめの実験。

磁石をつけた虹色の丸い台紙に、磁石を近づけていきます。

このとき磁石同士がくっつかないように、近づけすぎないことがポイントです。

うまくできると、虹色の台紙がきれいにくるくる回ります。

何回かやるとコツをつかめたようで、生徒たちも大成功でした!

 

そして、3つめの実験。

ワニの形に台紙を切り取り、ワニの上あごと舌にそれぞれ磁石をつけます。

ワニの口の中に、どのようなものを入れるとワニはぱくっと口を閉じるのでしょうか?

どうやらワニは、クリップや磁石を好み、消しゴムや木片は好まないようです。

 

 

磁石のふしぎな世界を少し覗くことができましたね。

家に帰ってからも、今回の道具を使っていろいろ試してみてください。

 

ふしぎ教室は月に1回、開催しています。

生徒たちと楽しく、身近なふしぎを探索しています。

興味があれば、ぜひ参加してみてください(^^)

 

0
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 必ず図を描くこと

コメント数:0   投稿日:2016/05/24 21:20:44 

前回は工夫したノートの書き方について話をしました。

今回は、数学・算数ができるようになるために

どのような取り組みが必要かということのポイントを一つお話しします。

 

毎日の習慣づけや、演習量ということは

きっとみんななんとなくわかっていると思います。

 

もちろん上記も大切ですが、

思っている以上に生徒たちが重要視していないことがあります。

それが、図を描くことです。

 

これは小学生、中学生にかかわらず、共通です。

 

本日の小6理系の授業は図形の折り返しでした。

 

先生がホワイトボードに解説しながら図の描き方をしめします。

生徒たちはそれを写し、

自分が解くときも実際に図を描いて解答を導きます。

頭の中で考えようとしている生徒は途中で混乱していました。

先生が一人一人の図をチェックし、

具体的にどこが違うのかを指摘していきます。

 

自分の考えていることを明確にするという目的と、

書くことによって新たなヒントを導くことができる

(問題文には書いていないが

与えられている情報から求められる)という目的です。

 

実は昨日の中2の授業でも同じことがありました。

 

連立方程式の応用の速さの問題で、

線分図に表すと、

すぐに式が立てられるのにもかかわらず、

頭の中で式を立てようとして

わけが分からなくなっている生徒がいました。

 

解説を聞いたので、わかっているつもりになって、

図を描くことを怠ると、

結果、数学・算数がわからないという状況に陥ります。

 

みなさん、ノートに大きく図を描いて、

自分の考えていることを明確にしていきましょうね。

 

 

2
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 工夫している授業ノートの書き方

コメント数:0   投稿日:2016/05/19 19:22:02 

本日の小5の算数は場合の数の学習をしました。

この単元は、都立中・私立中、関わらず出題される内容です。

 

今回のテーマは

生徒たちが授業中ノートを書き写す際に、

どのように工夫しているかというのを紹介します。

工夫というのは、「家庭で復習できるような」工夫ということです。

まずは、ご覧ください。

 

1、こちらは授業の板書です。

2、次に生徒たちのノートです。

 

 

 

 

板書とノートの違いが分かりますか。

 

授業では解き方を説明しながら板書をしているので、

どのような手順をたどったのか残っていません。

しかし、初めのノートは、説明した中で

問題を解く際に注意しなければならない事柄が書かれています。

 

2つ目と3つ目のノートは

対角線で足していくというのを

線を引いてわかりやすく書いています。

 

色は2色しか使用していませんが、

重要なことがなんなのか明確にわかります。

たくさんの色を使うと、

本当に重要なことがなんなのかわからなくなってしまいます。

 

3つとも家でもう一度解こうとしたとき、

なぜそのようになったのかがわかるノートですよね。

 

復習、定着まで考えられています。

ちなみにこのノートはすべて男の子です。

女の子のノートはきれいすぎて真似できない

という意見を多数いただきましたので、

今回は全員男子にしてみました。

 

字のきれいさはまだまだですが、(笑)

復習の仕組みをきちんと理解できています。

授業中、先生の説明で大切なことはどんどんメモしていきましょう。

 

2
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] [中1]中間テストに向けて

コメント数:0   投稿日:2016/05/07 22:00:36 

 

こんにちは ena多摩センターです

GWが終わり校舎に活気が戻ってきました。

休み明けでゆっくりしたいところですが

早速中学生は中間テストの時期になりました。

中1は初めての学校のテストということで

中間テスト対策のプリントとして

数学は小学生のときの復習、正負の数の計算、絶対値を主に作成しました!

 

 

 

中1はテスト範囲が狭く、塾でも先取りしているので高得点(満点)が狙えます!

 

最初のテストで最高のスタートがきれるよう頑張りましょう☆

 

4
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 休校のお知らせ

コメント数:0   投稿日:2016/04/28 17:41:30 

ゴールデンウィーク中の休校に関して

 

4月29日(金)~5月5日(木)

 

校舎は閉まっていますので、ご注意ください。

 

また、5月6日(金)は

小5・小6私立コースは四谷大塚の月例テスト

ですので、

16:50に校舎にお越しください。

GW中は月例テストに向けた宿題を出しています。

しっかりと取り組んで、いい結果を残せるように頑張ろう!

 

各学年GWの宿題を出しています。

小学生は漢字、毎日の計算がメインです。

 

小6の都立コースはGW特訓、合宿があるので、

その復習と、2から4月に習った理系苦手単元のとき直し。

自分で、何をできるようにするかテーマを決めて、

GW明けに提出です。

 

中学生は、ワークを使って定期テストへ向けた勉強です。

特に、数学はどの学年も初めは計算がメインとなり、

平均点が上がります。

つまり、基本的な計算をきちんと押さえれば

ばっちりということです。

 

GW中に準備をして、

直前に理社の一夜漬けということのないように

充実した休みを送ってください。

 

 

2
  

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 1012345...10...最後 »