中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena多摩センター] 小6父母会

コメント数:0   投稿日:2017/06/24 19:11:31 

こんにちは!ena多摩センター校です。

 

本日、多摩センター校にて

小6の父母会を実施しました。

 

img_2336

 

ご来校いただいた保護者の皆様、ありがとうございました!

 

父母会ではまず、新年度がはじまった2月から

6月までの授業の様子についてお話しいたしました。

 

理系については、2月から5月までは算数の強化をしてきました。

 

6、7月は理科の物理を中心に学習をします。

 

大切な事は、解き方の手順をまず覚えることです。

 

たとえば浮力の問題なら、

①重力をかく

②水の中に入っている体積をかく

③浮力をかく

④上下の力の大きさを合わせる

といったものです。

 

手順を覚えておけば、

他の問題が出されたときに応用ができるようになります。

 

授業も、クラス全員の意識が変わり始め

良い雰囲気になってきました。

 

 

作文については、金曜日は読解中心、

水曜日は作文演習中心で進めてきました。

 

今までは作文の書き直しへのこだわりが薄く、

1回出して添削してもらって終わり…という生徒もいました。

 

そこで演習の授業では、ひとつの作文の完成度をあげるために

同じテーマに対して何度も書き直しをしてきました。

 

多い生徒は5回同じものを書き直しています。

 

完成度の高い作文はどういうものなのか、というイメージを

身に付けることが大切です。

 

 

 

また、夏期講習まで残り約1か月となりました。

 

夏期講習では今までの単元の復習と、本番に向けた演習をします。

 

適性検査は見たことのない問題をどのように解いていくかを、

自分なりに考えて試行錯誤することからはじめます。

 

ヒントとなるところに線をひいたり、表を書いたり…

とにかく作業です。

 

作業をするとその先に見えてくるものがあります。

 

その上で解説を聞いて、復習することでレベルアップできます。

 

 

夏休みという膨大な時間で勉強することができる

非常に大切な時期ですね。

 

2月からの勉強で自分が苦手な部分をピックアップして

夏に臨みましょう!

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 中学部《テスト対策期間中》

コメント数:0   投稿日:2017/06/16 18:16:50 

こんにちは!ena多摩センター校です。

 

6月になり、中学生は期末試験の時期になりました。

 

多摩センター校では定期試験対策を実施しています。

通常授業は3教科ですので、

英語・数学・国語の勉強方法はイメージがあるかと思います。

しかし、理科社会に苦戦している生徒が多数います。

そこで、定期試験の理科社会の演習問題を用意して

インプットした内容の確認作業を行います。

 

覚えたのに点数が取れないという生徒がよくいます。

原因はいずれかだと思います。

一つは、1回やって覚えたつもりになってします。

要するに暗記するときの暗記作業量が不足しているということです。

もう一つは、アウトプットが十分でないということです。

これは、チェックする機能を自分の学習の中に入れるということです。

 

アウトプット上手に習慣化できていないので、

塾の定期試験対策で確認していきます。

 

中1生ははじめての試験という生徒も多いことでしょう。

最初の試験で満点をとって

いいスタートダッシュをきめたいですね!

 

中2生、中だるみの時期と言われがちですが

勉強のしかたに慣れてきたからこそ、インプット、アウトプットで点数がとれるはず!

 

中1・中2生は4月と5月にプレ中間テストを行いました。

 

中間テストがない学校の生徒も受け、

それまでの分はしっかりと復習ができているはずですね。

 

そして中3生、受験勉強の毎日だと思いますが

期末試験に出た問題が入試で出るかもしれないと思えば

やらないわけにはいかない!

 

%e5%ae%9a%e6%9c%9f%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e6%ba%80%e7%82%b9%e5%af%be%e7%ad%96

 

多摩センター校では、6/12(月)~22(木)

中学部定期試験対策ウィークを設けています。

 

多摩センター校の生徒なら

直前にあわててやる…なんてことはありませんよね!

 

効率よく、計画的に勉強しましょう。

 

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 小3ふしぎ教室

コメント数:0   投稿日:2017/06/09 16:58:09 

こんにちは!ena多摩センター校です。

 

土曜日に、小3のふしぎ教室がおこなわれました!

 

%e3%81%b5%e3%81%97%e3%81%8e%e2%91%a1

 

今回のテーマは「マグネットワールド」でした。

 

 

磁石のまわりには「磁力」という

目に見えない力がはたらいています。

 

鉄粉の上に磁石を置いて振ってみると

模様のようになりましたね。

 

これが磁力です!

 

そして、NとN、またSとSを近づけるとしりぞけあい

NとSを近づけるとくっつきます。

 

これを使って、「磁石ワニ」をつくってみました。

 

ワニの口の中にしりぞけあう磁石をつけるとどうなるでしょう?

 

ワニの口はあいたままになりますね。

 

そこに、クリップやハサミを入れると・・・?

 

ワニの口が閉じました!

 

鉄のものを磁石の間にいれると

磁石が鉄にひきよせられて口が閉じます。ふしぎ!

 

 

%e3%81%b5%e3%81%97%e3%81%8e%e2%91%a0

 

太田先生とたのしく学べましたね。

 

次回は6月24日(土)

「電気の力で絵をかこう」です!

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 中3カリテスト実施!

コメント数:0   投稿日:2017/06/03 15:08:38 

こんにちは!ena多摩センター校です。

 

今週、中3生の第2回理社カリテストが実施されました!

 

理社カリテストは

本科授業で扱っている中3範囲と並行して、

カリテストにより前期中に中1・中2範囲の復習を行うことで

本番での得点力につなげることをねらいとしています。

 

理社講座を受講している生徒はもちろん

受講していない生徒も対象です。

 

塾の通常授業では、社会は公民分野を勉強しています。

 

それらと同時に中1・中2の範囲を復習することによって

9月から始める入試問題演習に備えます。

 

もちろん夏期講習では総復習を行ないますが

ある程度の知識がインプットされていなければ

アウトプットがまったくできなくなってしまいます。

 

通常授業から夏期講習、

そして9月の入試問題演習へと

スムーズにつなげていくためには

今の時期から少しずつ復習をすることが重要ですね。

 

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88

 

4月に行われた第1回カリテストは

多摩センター校は全校舎中39位でした!!

 

勉強した成果が十二分にあらわれていますね!

 

さて今回の結果は集計中ですが、暫定でお知らせします!

 

理科 社会
Y.Mくん 100点 M.Iさん 100点
Y.Iさん 100点 Y.Mくん 96点
K.Fさん 100点 Y.Kくん 96点
T.Aくん 98点 Y.Iさん 96点
K.Nさん 96点 K.Fさん 96点
M.Iさん 96点 S.Tくん 94点
Y.Kくん 96点 T.Aくん 92点
・・・ ・・・

 

 

今回の順位がで次第またお知らせします。

 

第3回は7月3日(月)の週

理科は天気、社会は歴史が範囲です。

 

 

あとでいいや・・・ではなく今からはじめましょう!!

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 新しい先生がきました!

コメント数:0   投稿日:2017/05/27 17:29:12 

こんにちは!ena多摩センター校です。

 

5月から多摩センター校に

新しい先生がきてくれました。

 

松村先生です!

 


%e6%9d%be%e6%9d%91%e5%85%88%e7%94%9f

 

こんにちは ena多摩センター校の講師の松村です。

 

主に小中の理系を担当します。

 

私からは

皆さんにどのようなことを教えていきたいか

について3つ紹介させていただきます。

 

1つ目は計算ミスを減らす方法です。

 

これはただ験算をすればいいだけでしょ!

って思う方もいるのではと思われます。

 

しかし、試験時間は限られているので

一問一問を二回解いている余裕はありません。

 

そこで私が提案したいことは

ミスしにくい途中式の書き方です。

例えば数値を代入するときはカッコをつけるなどがあります。

他にもいろいろあるのでそれらは授業で教えます。

 

2つ目は理科はただの暗記ではなく

不思議で面白い理論があるということです。

ついつい暗記ばかりになってしまいがちですが、

短い授業の中でその現象の理由について説明していきます。

 

3つ目は復習の仕方です。

復習が大切なのは周知の事実ですが、

なにをやればいいのかはよくわからない

という方いるのではと思われます。

授業やテストでやった問題をすべてやり直すのは理想的ではありますが、

いそがしい学生生活のなかではそんなに時間がとれないとおもわれます。

そこでどの問題を解きなおせばいいのかは人それぞれ違うということです。

一概に間違った問題だけをやればいいというわけではなく

今の学力に見合った復習が大切であるということです。

具体的なことは授業で教えていきます。

 

私の目指す授業は集団塾ではありますが生徒一人一人にも向き合った授業です。

 

これからよろしくお願いします。

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 3123