中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena多摩センター] 先生紹介

コメント数:0   投稿日:2017/02/20 13:50:36 

こんにちは!ena多摩センター校です。

 

新しい先生が多摩センター校にきましたのでご紹介します!

 

宮澤先生です。

 

 

 

初めまして、

ena多摩センター校講師の宮澤です。

 

私自身勉強を通じて失敗や成功を繰り返し

試行錯誤しながら受験を乗り越えたので

 

どうすれば最短で正答にたどりつけるか

なぜそれが正解になるのか

授業で楽しく伝えていきたいと思います。

 

勉強はやはり継続すること

自分で考えるクセが大切です。

 

テストの結果に一喜一憂するのではなく、

自分が間違えたところを分析

次につなげる努力をしましょう。

 

楽しく授業をやりつつメリハリがある授業をするので

どうぞよろしくお願いします。

 

img_6526

 

みなさん先生にどんどん質問しに来てくださいね

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 新年度の授業

コメント数:0   投稿日:2017/02/14 20:54:54 

こんにちは!ena多摩センター校です。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

小学部の新年度が始まって2週目に突入しました。

新学年の勉強はいかがですか?

 

「漢字がむずかしくなったから覚えるのが大変」

なんて、今日受付に何気なく相談に来る子もいました。

 

覚えやすい方法、どうやったら解けるか、

先生たちはいろんなやり方を知っています。

聞いてみたら、今よりももっと勉強しやすくなるはずです。

 

 

 

本日の小6の算数です。

差集め算を学習しました。今年度三鷹中の適性検査に出題されていましたね。

都立中、私立中に関わらず必要な内容です。

特殊算というと都立中にはなんだか関係ないような気がしますが、

「差集め算」と表現しないだけで、

この考え方を用いて問題を解くことがあります。

つまり、与えられた情報を整理して、

どのように解答まで導くかのつながりを強くすることが重要なんです。

入試の話をすると生徒たちはキラキラ目を輝かせて

授業に臨んでくれます。

みんな、素晴らしいです。

 

 

その一方、中学3年生たちは受験まであと10日だー!

と言いながら、各自がやるべきことを見つけて

黙々と勉強しています。

 

中学部の新年度は来月から開始です。

今から入試に向けて力をつけていきましょう。

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 【小学部】新年度へ

コメント数:0   投稿日:2017/02/05 08:29:03 

こんにちは!ena多摩センター校です。

 

都立中入試が終わり

私立中入試も多摩センター校の生徒は

明日2月5日ですべてが終わります。

 

入試直前には校舎で壮行会をひらきました。

 

%e6%b1%ba%e8%b5%b7%e4%bc%9a

 

今までの勉強の成果が思い切り出せたはずです!

 

 

 

そして本日2月4日から、小学部新年度がはじまりました。

 

写真は新小5私立コース・社会の授業の様子です。

 

%e6%96%b0%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e2%91%a0

 

多摩センター校では

4年生までは一つのクラスで勉強しますが、

5年生から都立コースと私立コースにわかれます。

ここから本格的に志望校に向けた勉強が始まります。

 

本日は初回の授業ということで、

生徒たちはいつも以上に真剣なまなざしで授業を受けていました。

 

新小6私立・都立、新小5都立は

2/6(月)から新年度の授業開始です!

 

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 理社で追い込む!

コメント数:0   投稿日:2017/01/27 21:13:01 

こんにちは!

ena多摩センター校です。

 

都立高推薦入試1月26日・27日でした。

 

都立高一般入試2月24日で残り1ヶ月をきりました。

 

中3は理社で最後の追い上げを図りましょう!!

 

 

授業では入試問題演習を解いています。

 

間違えた問題については、

ケアレスミスなのか、知っていたが出てこなかったのか

そもそも知らなかったのか、

ミスの質を分析することが重要です。

 

次に同じような問題が出たときには

かならず正解できるように復習します。

 

 

社会で苦手な範囲になりやすいのは、

世界地理・経済・戦後史です。

 

世界地理では、それぞれ特徴的な気候をまず確認しましょう。

 

特に出やすいのは、乾燥した地中海性気候です。

 

また、それぞれの国がどのようなものを主に輸出しているのか、

主要輸出品を覚えるだけでも

資料の読み取り問題などでかなり楽になります。

 

 

経済では、ただ覚えるだけではなく

仕組みを構造的に理解することも必要になります。

 

たとえば、不景気のときは出回っている通貨量が少ないので

日銀は通貨量を増やすために、国債を買います。

 

国債を買うことによって市中銀行にお金が供給され、

企業などへの貸出が増え、金利も下がります。

 

金利が下がれば、さらにお金が借りやすくなり、

通貨量は増えて、好景気に向かいます。

 

このような仕組みは必ず理解しておきましょう。

 

 

%e4%b8%ad3%e6%8e%88%e6%a5%ad%e9%a2%a8%e6%99%af

 

入試問題演習を通して、

自分がまだ理解できていない部分を見つけます。

 

そして、それと並行して

一問一答で基本知識を着実に身につけていきましょう!

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 一つのテキストで

コメント数:0   投稿日:2017/01/19 20:53:54 

こんにちは!ena多摩センター校です。

 

都立中入試まで20日をきりました。

 

本番へ向けて最後の追い上げの時期です。

 

この時期は

「あれもやらなきゃ!これもやらなきゃ!」

と、欲張ってしまう時期でもあります。

 

欲張ってさまざまなテキストや問題に手をつけがちですが

一つのテキスト、一つの問題を完璧にやりとげるほうが

確実にわからない分野をつぶしていくことができます。

今から終わらない量のテキストに手を付けるとかえって不安になります。

完成したという達成感を持つことが一番です。

 

image1-13

image4

image3-2

image2-11

 

写真は、小6作文演習の授業です。

 

新しいテキストや参考書を使いだすよりも

今まで使ってきた馴染みのあるテキストで

最後の追い上げをはかりましょう。

 

今まで作ってきたストックノートが受験の最大の武器です。

また、みんなの自信ですよ。

このノートを大切に!!

 

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 3123