中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena多摩センター] ふしぎ教室

コメント数:0   投稿日:2016/06/25 21:09:45 

今日のふしぎ教室は

電気の力で絵をかこうです

 

まず最初に謎の紫色インクを作ります

 

次にどう線、クリップ、電池とくぎをうまくつなぎ合わせます

これをうまく組み合わせられると絵をかく準備ができます

厚紙をアルミ箔で包んだものにろ紙をクリップで止めたものに

最初に作った紫インクを垂らしておきます。

完璧です☆

そこにくぎの先をあてると…

 

みんな見事に絵が描けました

成功すれば緑色の線で絵が描けます(^^)

 

 

ふしぎ教室は月に1回、開催しています。

生徒たちと楽しく、身近なふしぎを探索しています。

興味があれば、ぜひ参加してみてください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 定期テスト対策週間です!

コメント数:0   投稿日:2016/06/15 19:15:01 

 

6月10日から中間テストに向けての対策週間が始まりました。

 

 

今日も中学生の皆さんが15時から来校し、分からない箇所は先生に聞いたりと、一生懸命テスト勉強をしております。

 

中1

数学‥‥‥正と負の数、文字式

英語‥‥‥習った単語をとにかく覚えましょう、命令文、数字、一般動詞

 

中2

数学‥‥‥文字式、立体の体積や表面積、連立方程式(加減法と代入法を区別して途中式も書けるようにしておきましょう)

英語‥‥‥動詞の活用(過去形)、過去進行形、未来形、must、I think that、新出単語も必ず覚える

 

中3

数学‥‥‥因数分解、二次方程式

英語‥‥‥不定詞、新出単語を覚える

 

他にも各学校で範囲が決まっているので、確認して分からない単元はとことん分かるまでやりましょう!

 

0
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 中2国語復習ノート

コメント数:0   投稿日:2016/06/07 20:16:22 

今日は国語のノートについてのお話です。

 

最近、小学生・中学生のそれぞれから、

国語の復習の仕方がわからないというご相談を受けます。

 

国語の復習は漢字の練習や、語句の暗記と思っていませんか。

 

それ以外は何をすればいいかわからない。。。

このようなご意見が多かったです。

 

 

まずは、授業で習った文章をもう一度読み返します。

 

つぎに、自分の間違えた問題が、

なぜ違ったの解説を見て考えます。

 

たとえば、正しい解答は何行目の

どの部分に書いてあって、

どのような過程を辿って、

選ばなければいけなかったのか、

その過程をもう一度確認することです。

 

そして、自分はどのように勘違いしていたのかを

認識することです。

それをノートに書いておきます。

 

このように復習をしながら、復習ノートを作っていきます。

 

復習ノートは、授業で習った知識の整理も重要ですが、

実際に文章読解ができるようになるための手段として

活用できるといいですね。

 

 

 

1
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 磁石でふしぎ教室

コメント数:0   投稿日:2016/05/28 22:04:35 

今日の小学3年生のふしぎ教室は、磁石を使った実験を3つやりました。

 

1つめの実験。

鉄粉に磁石を、いろいろな角度で近づけてみます。

 

 

磁石にひきつけられて、鉄粉が動きましたね。

鉄粉が形を変えていき、生徒たちからは「何だかきもちわるい…」という声も。

 

2つめの実験。

磁石をつけた虹色の丸い台紙に、磁石を近づけていきます。

このとき磁石同士がくっつかないように、近づけすぎないことがポイントです。

うまくできると、虹色の台紙がきれいにくるくる回ります。

何回かやるとコツをつかめたようで、生徒たちも大成功でした!

 

そして、3つめの実験。

ワニの形に台紙を切り取り、ワニの上あごと舌にそれぞれ磁石をつけます。

ワニの口の中に、どのようなものを入れるとワニはぱくっと口を閉じるのでしょうか?

どうやらワニは、クリップや磁石を好み、消しゴムや木片は好まないようです。

 

 

磁石のふしぎな世界を少し覗くことができましたね。

家に帰ってからも、今回の道具を使っていろいろ試してみてください。

 

ふしぎ教室は月に1回、開催しています。

生徒たちと楽しく、身近なふしぎを探索しています。

興味があれば、ぜひ参加してみてください(^^)

 

4
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 必ず図を描くこと

コメント数:0   投稿日:2016/05/24 21:20:44 

前回は工夫したノートの書き方について話をしました。

今回は、数学・算数ができるようになるために

どのような取り組みが必要かということのポイントを一つお話しします。

 

毎日の習慣づけや、演習量ということは

きっとみんななんとなくわかっていると思います。

 

もちろん上記も大切ですが、

思っている以上に生徒たちが重要視していないことがあります。

それが、図を描くことです。

 

これは小学生、中学生にかかわらず、共通です。

 

本日の小6理系の授業は図形の折り返しでした。

 

先生がホワイトボードに解説しながら図の描き方をしめします。

生徒たちはそれを写し、

自分が解くときも実際に図を描いて解答を導きます。

頭の中で考えようとしている生徒は途中で混乱していました。

先生が一人一人の図をチェックし、

具体的にどこが違うのかを指摘していきます。

 

自分の考えていることを明確にするという目的と、

書くことによって新たなヒントを導くことができる

(問題文には書いていないが

与えられている情報から求められる)という目的です。

 

実は昨日の中2の授業でも同じことがありました。

 

連立方程式の応用の速さの問題で、

線分図に表すと、

すぐに式が立てられるのにもかかわらず、

頭の中で式を立てようとして

わけが分からなくなっている生徒がいました。

 

解説を聞いたので、わかっているつもりになって、

図を描くことを怠ると、

結果、数学・算数がわからないという状況に陥ります。

 

みなさん、ノートに大きく図を描いて、

自分の考えていることを明確にしていきましょうね。

 

 

5
  

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 1112345...10...最後 »