中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena多摩センター] スケジュールのつくり方

コメント数:0   投稿日:2015/07/04 20:51:54 

勉強時間がたくさん取れる夏休みに向けて

スケジュールのつくり方についてのお話です。

 

 

 

スケジュールを作成する際は、

何の教科のどの問題集をどのくらいの時間やるか

具体的に記入します。

1週間のベースとなる型を作ることにより、

毎日自分が何に取り組んでいくのか

明確にしていきます。

 

はじめは、

休憩時間もなく勉強時間でぎっちり埋まったものや、

勉強時間には「勉強」とだけ書いて

何をするのか自分でもわかっていないものなど、

様々です。

 

それを、生徒たちと話しながら、

実際に実行できるスケジュール

に修正していきます。

受験を通して、

自立学習のスタイルを作り上げていくことが大切です。

 

 

このように多摩センターの生徒たちは、

受験指導はもちろん、

日々の学習計画、習慣づけなども学んでいます。

 

みなさんは、このスケジュールを見てどう思いましたか。

自分の毎日の勉強時間をもう一度振り返ってみてくださいね。

1
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] はじめまして。

コメント数:0   投稿日:2015/07/03 15:48:10 

 

 はじめまして。7月より受付スタッフとして入らせて頂きました楠香織(くすのきかおり)と申します。

 

 私はenaの卒業生で、小学生のとき中学受験のためにenaに2年間お世話になっていました。

 

 enaでは友達と切磋琢磨しながら毎日遅くまで勉強していたこと、夏期合宿や講習会に参加して成績が上がり嬉しかった思い出などがあります。

 

 特にenaに通っていた際に、当時の校長先生から作文を褒めて頂き、それ以来、文章を書くことや本を読むことが大好きになりました。

 

 

 多摩センター校に通われる生徒の皆様のお役に立てるよう、頑張ってまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 



 

5
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 小4生は今どんなことを勉強しているの?

コメント数:0   投稿日:2015/06/26 21:13:19 

校舎では、小4生夏期講習のお申込みが増えています。

 

 

そんな中、

夏から初めて塾に通うお子様は、

 

集団授業についていけるのか、

途中から参加して内容は理解できるのか、

塾のレベルは高いのではないか、

 

などなど様々なお問い合わせをいただきます。

 

 

そこで、

今回はもっともご質問の多い、

今の4年生が算数でどんなことを勉強しているのか

をお話します。

 

 

授業では初めに、計算問題を解きます。

 

授業開始前に来た生徒たちは、

前回の宿題の質問をしたり、

事前に計算問題を解いていたりします。

入ったばかりの生徒は、

この時間を利用して、

習っていないところを教えたりします。

 

今月の計算は小数×整数、小数÷整数です。

 

続いて、授業。

本日は正方形と長方形の面積です。

大人は簡単に感じますが、

子どもたちが苦戦するのは、正方形なんです。

 

 

例えば

「一辺が10㎝の正方形の面積は?」

 

もちろん100平方センチメートルです。

 

 

しかし、周りの長さを勉強した生徒は、

つい10×4=40とやりたくなってしまいます。

 

まずは

図をかいて、一辺の長さをきちんと書きこむ習慣

をつけます。

慣れてきたら、図は省略です。

 

授業の導入が終わると、

個々の机を巡回し、

手が止まっている生徒にはもう一度教え直します。

そのほか、自分で解ける生徒は発展問題まで、進めます。

 

このように、

集団授業の中で個々への対応をしていますので、

夏期講習から入学しても全く問題ありません。

 

初めは基本レベルでも、半年経てばレベルアップします。

みなさん入ったばかりのころは

周りの子がとてもすごく見えますが、

中に入ってはじめてしまえば、自分もそうなります。

早期からそのように慣れてしまえば、

結果は自ずとついてきますよね。

 

みなさん、ご心配せずにぜひいらしてくださいね。

 

 

ちなみにこちらは国語の授業風景です。

 

5
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 社会の勉強についての話。

コメント数:0   投稿日:2015/06/23 21:13:29 

先日、中学生の定期テスト対策で、

社会の暗記の仕方についてお話ししました。

 

本日、小5の月例テストの直しのノートを見ていると、

 

小5にして中3を超えている!?

 

と思うような内容を持ってきてくれましたので、

皆さんにご紹介したいと思います。

 

内容は

都道府県名と、その土地の特産物や、工業

についてです。

 

前にお話ししたように、

ただひたすら単語の暗記ではなく、

さまざまなものと関連付けることが大切です。

 

ちなみにこの5年生は入学して2、3カ月です。

自分なりにどのようにしたら覚えられるのか、

工夫してきたんですね。

 

では、こちらです。

 

どうですか。

5年生のノートです。

 

いま、解説を写したのでは?

と思った方はいませんか。

 

違うんです、本当にすごいんです。

 

 

なぜなら、これが解説です。

 

いつも子どもたちのパワーに関心ですね。

 

1
  

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena多摩センター] 定期試験対策を実施して思うこと

コメント数:0   投稿日:2015/06/18 20:44:52 

6月に入り、最近は毎日、

定期試験の勉強をする生徒たちから

いろいろな質問を受けますが、

毎回思うことがあります。

 

それは、「中学生の勉強の仕方」についてです。

 

生徒たちの様子を見ていると、

効率的に上手に勉強できていないのです。

 

例えば、社会の点数が芳しくない生徒は、

ただノートに書いてある単語のみを

暗記しようとするだけで、

 

なぜそのようになったのか、

関連した事柄と結び付けて考える、

 

ということをしていません。

 

そのため、

定期テストが終われば何も残りませんし、

 

なぜこのような問題を社会の先生が作成し、

テストしているのか

 

理解できていません。

 

もし、社会の先生の意図を理解し、

テキスト、資料、ノートの読み込みができたとしたら、

点数は自ずと上がっていきます。

 

中学生はただひたすらがむしゃらに暗記しようとし、

結果テストではいい成績が得られず、

社会が嫌いになってしまいます。

 

一人ひとりと向き合いながら、

社会を好きになってもらい、

成績を上げさせるように指導しています。

 

試験対策を通じて、

一人ひとりに具体的なアドバイスをしています。

 

今週末はこちらの中学です!

 

4
  

>>この記事へのコメントはこちらから

1 / 512345