校舎ブログ詳細

小学部本部

2024年度適性検査分析速報-桜修館中等教育学校-

投稿日: 2024.02.3 10:00 pm

2024年度 桜修館中等教育学校 適性検査分析速報

こちらの記事の公開日時について

2月13日の11:45ごろまで、こちらの記事は公開日が1月31日となっておりましたが、

これはこの記事のスペースを同日に記載し、

2月3日夜時点で問題を分析した内容に更新する、という処置を行ったためです。

事前に学校様やその他の箇所から問題をena側が入手していた、などということはございません。

誤解を与えてしまい申し訳ございません。

ena小学部 青木繁和

 

 

適性検査Ⅰ

【出典】文章A 長田 弘「読書からはじまる」より
文章B ドミニク・チェン「未来をつくる言葉わかりあえなさをつなぐために」

【出題形式】
問題の形式は前年度までと同様、文章が二つあり、それぞれから読み取る問題2題と、400字以上、500字以内で書く作文問題1題の構成でした。

字数は文章A、Bともに30行程度で昨年よりは若干短くなっています。なお文章Aは正月特訓で扱った文章でした。

〔問題1〕文章の内容を指定された形式に合うように説明する記述問題
昨年までの「具体例をあげて説明する問題」から「指定された形式に合うように記述する問題」に
変わりました。文章Aの「人は言葉でできている」ことを文章Aの内容をふまえて「人は言葉ででき
ているとは「    」ということ」の「  」にあてはまることを四十五字以上六十字以内で答える問題です。非常に難しかったと思います。文章Aの冒頭の段落の「まず言葉があって、自分があって、そして人がいる」をふまえ、上段最後の段落から始まる「毎日の経験を通して覚えた言葉を覚える、他者とのつながりのなかの会話として言葉を使う。自分を人間として確立する。」という因果関係をきちんと説明する必要があります。

 

〔問題2〕文章の内容を指定された形式に合うように説明する記述問題
問題1と同様に「  」を埋める形で文章Bの「翻訳とはどのようなことか」を説明する問題です。
問題1よりは平易でした。「翻訳とはある国の言葉や文を、ほかの国の言葉や文に単純にかえることではなく「        」の「  」を六十字以上七十字以内で答える問題です。冒頭の段落から第四段落までを読み、特に第三段落の「自分の体験を通じて感じたことを相手の知っている言葉に「翻訳」して話している」、第四段落の「わかりあえなさをつなぐために」が答えをつくるうえで大切なポイントになります。

 

〔問題3〕それぞれの文章の内容をふまえて作文を書く問題
二つの文章を読み、言葉を学ぶことはどのようなものだと考えたか、また、今後の学校生活においてどのように「言葉」に向き合い、他者と関わりあいたいかを、それぞれの文章の内容をふまえて400字以上500字以内で書きます。文章Aは問題1で考えたように「言葉を覚えることによって人間になっていき、その言葉を使って他者とのつながりのなかに自分を確立する」が主旨です。文章Bは、筆者がが学んできたあまたの言語は「自分や他者の感覚を表現し、相互の伝えようとする「翻訳」の技法」であり、「過去の無数の人々が発見し、試行錯誤してきた」知識と経験を「お互いのわかりあえなさをつなぐために」つたえたい、が趣旨です。したがってこの文章をふまえて「言葉を学ぶとはいろいろな人が長い時間をかけてつむいできた言葉を、その背景もふまえて理解しようとする」ことであり、「わかりあえない」こともあるけれど、「人間の社会が新しい言語を獲得するために通過する必要なステップ」だと考えて理解していこうとする、という方向性が望ましいでしょう。

 

適性検査Ⅱ

【大問1】百人一首を使った競技かるたの総当たり戦を題材とし、与えられた条件をもとに計算・整理して考える問題

前年度同様、小問3題の構成です。

 

〔問題1〕決められた面積の教室の中で、たたみを敷けるスペースとたたみ6枚分の広さを比較する問題でした。面積を求める際に単位換算が必要で、正確に面積を計算し、比較することを順序だてて説明する力が問われていました。

〔問題2〕6枚のたたみの敷き方を考える問題でした。定められた3つの条件をすべて満たす敷き方を考える必要がありましたが、枚数が6枚で決められていたため、しっかりと手を動かすことが重要でした。似た問題を解いたことがある受検生も多かったと思われます。

〔問題3〕競技かるたの総当たり戦の組み合わせを考え、「残り札数」の集計表を完成させる問題でした。情報量は多かったですが、考えられるもののうちの一つを答える問題でしたので、会話文の条件に当てはまる組み合わせを探すことができれば正解にたどり着くことができたのではないかと思います。

 

【大問2】公共交通機関の利用について考える問題

令和3年度から引き続き小問2題の構成で、計算問題は出題されていません。大問全体の話題は、令和3年度から令和5年度までは3年連続で日本の産業を題材にした内容だったのに対し、今年度は令和2年度と同様に公共交通機関を題材にした内容となっていました。

〔問題1〕公共交通機関の利用割合が偏っている理由を、所要時間と料金の観点から考察する問題です。解答に用いる資料を受検生に選択させる形式は、5年連続の出題となりました。出題者側が想定している解答の分かりやすい、平易な問題でした。

 

〔問題2〕「ふれあいタクシー」を導入することになった理由と、その効果について考えられることを、複数資料を組み合わせながら説明する問題です。ひとつの問題で解答すべき内容が複数ある形式は、4年連続の出題となりました。参考にしなければならない資料は多いものの、こちらも解答の方向性が明快で、平易でした。

会話文や資料が過年度の適性検査問題と比較しても標準的な内容であるため、2問とも難易度は高くありません。解答の根拠になる部分を会話文や資料から適切に読み取ったうえで、問われていることに対しての答えをわかりやすく表現する力をみられる問題でした。

 

【大問3】「まさつ」について調べる実験を題材にした問題

ここ3年連続していた、小問が2問あり、それぞれに設問が2つある実質4問の問題構成から一変、小問が2問、設問も1つずつの実質2問構成となり、問題量が大幅に減りました。2問とも記述の要素を含みますが、分量がそれほど多くもないため、単純に負担が減ったと考えられます。実験結果の考察が中心で、計算が必要な問題はありませんでした。

〔問題1〕ペットボトルのキャップにつけられたみぞのまさつによる効果を、モデル化した実験で確かめる問題です。実験の内容そのものは結果も素直で分かりやすいものではありますが、問題で問われている内容を過不足なく盛り込んで完全な解答を書く観点を持たずに、ぱっと解答をしてしまうと、要素が不足して減点となりうる、問題文の読解力で点数の分かれる問題でした。

〔問題2〕斜面をすべり下りる物体の摩擦力が、接地面の素材にどのような影響を受けるかを、実験から明らかにする問題です。複数の条件が設定されているので、対照実験の考えを使うことが必要になりました。実験の内容そのものは比較的分かりやすいものであったため、対照実験の仕組みの理解とそれを言語化できるかどうかが得点の肝でした。

 

 

感想およびコメントをお寄せください

小学部本部ブログはこちら