中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena狛江] 9月4日から後期授業が開始となりました!

コメント数:0   投稿日:2020/09/07 22:48:10 

こんにちは。ena狛江の山口です。

9月4日(金)から後期の授業が始まりました。

夏期講習では、皆さん、とてもよく頑張って学習したので、授業での取り組みはやっぱり違いますね。
夏期学力判定テストの答案と成績資料は、土曜日の授業から返却していますので、小3、小4、小5、中2は今日まででお返ししました。
間違えた問題についてはしっかり解きなおしをしておきましょう。

さて、今日は山口が担当した授業は小5理系と中2数学でした。

小5理系は「単位量あたりと平均」。都立中適性検査の理数系の問題(とくに理科分野の問題)では、「超」がつくほどの頻出単元です。
しっかりマスターしておきたい単元です。この単元は、前期の算数演習や夏期講習でも繰り返し学習してきた単元です。まずは、ザッとと総復習。

img_4208

そして、後期のテキストからは、「発展問題」として、
公立中高一貫校の「適性検査問題」から学習単元にあたる問題を扱います。
今日の後半の授業では、まずは各自問題を解いてもらい、その後、一緒に問題文を読みながら「これって、言い換えるとどういうことだろう?」「会話文の中に出てくる説明を利用して、表現してみよう…」などと、適性検査の問題の読み取り方を解説しました。

img_4207

一見すると、何をどうやって取り組めばいいのか、読み取りにくい印象があるかもしれませんが、問題文のつくりがわかってくれば、ヒントが満載…というのが、適性検査なのです。やればやるほど勉強の面白さがわかってくるのです。

小5の後期の授業では、適性検査型の問題を通して、問題を読み取り課題を見出す力や理解したことを正しく表現する力をつけていきます。

中2の数学は、後期は図形分野を中心に学習を進めます。
その第一歩が「角度」。
夏期講習で先取りもしてきたので、今回は「バリバリ解くぞ!」という授業。
基本を確認しつつ、図形の問題の着眼点やコツを再確認しながら進めました。

img_4210

三角形の角度の問題というと「とりあえず、わかる角度を求めまくるっ!!!」となりがちですが、
しっかりゴールに至る(答えを出す)のに必要なものは何かをつかんで、最小の手順で求めることを意識して取り組んでもらいました。

まだ慣れていない部分もありますが、enaのテキストは「後につながる」良問が満載なので、
あとは、とにかく練習あるのみ!です。

しっかり、宿題に取り組んでください!

ということで、来週はいよいよ「三角形の合同」に入ります!角度の学習を通して図形の見方を鍛えましょう!

byちゃーりー

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena狛江] 夏期講習最終日。

コメント数:0   投稿日:2020/08/30 21:35:30 

こんにちは。ena狛江の山口です。

本日8月30日(日)でena狛江で実施の夏期講習の授業はすべて終了しました。

小6と中3の受験学年以外は夏期学力判定テストを授業内で実施しました。小3~小5、中1(中2はすでに実施済み)の皆さんは講習の最後に緊張感を持って学習の成果を出せたでしょうか。9月5日(土)には成績をお渡しできる予定にしています。小3生、小4生は9月の1回目の本科授業で成績表をお返ししますので、しばらくお待ちください。

小6・中3の皆さんは、明日(8月31日)から「過去問題チャレンジ」の4日間です。過去の都立中適性検査問題、都立高入試問題から厳選。9月以降の入試演習や模擬試験で最大限に「結果を出す」ための方法を身に着けましょう。各自、お渡ししている入試問題(封筒に入れています)を開封して、時間を計って取り組みましょう。そしてenaの講師陣による映像授業で、問題解法のノウハウを学習します。

中3理科(自校作成校コース)の担当は、なんと私だったりします!
…ので、よろしく!

さてさて、9月度本科授業は9月4日(金)からです。
なお、8月31日(月)は休校です。
9月1日(火)~9月3日(木)の開校時間は14時~19時です。

お問い合わせ、各種お申込みは、上記時間内にご来校ください。
お電話(03-5761-5371)または、メール(komae@ena.co.jp)でもお受けいたしますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。
メールでのお問い合わせに対しては、翌日以降の返信になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

ところで、
この夏期講習では小3は算数・国語小4は算数・国語・理科・社会の学習を進めてきましたが、同時に「ふしぎ教室」も開講しました。

「ふしぎ教室」は理科的な内容をベースにした「ものづくり」教室。実際に作業して、出来上がったもので遊んでみる…これがただの遊びではなく、結構ハイレベルな理科の要素を含んでいるのです。中には中学校で学習する内容も…。
ただし、あえて「原理」には触れずに、とにかく体験して楽しむことを主眼に置いています。

下の写真は、「飛行」についての「ふしぎ教室」の様子です。
「アルソミトラ」という熱帯のジャングルに生育するウリ科の植物は、なんと種子を空中を滑空させて遠くまで「飛行」させて散らばらせるそうです。
実は、グライダーはこのアルソミトラの種子をモデルにして作られたのだとか…。そんな、飛行の原理を楽しく理解する「ふしぎ教室」でした。

img_4163

将来、きっとどこかで「あのときのあれだ!」と思うことがあるでしょう!

今後は、毎月1回ずつテーマを変えて実施します(受講料1,100円/回・要予約)ので、
受けてみたい!という方はena狛江までお問い合わせください(小3生・小4生対象)。

byちゃーりー

 

 

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena狛江] 夏期講習Ⅵ期。小6生、成長している!

コメント数:0   投稿日:2020/08/21 19:54:58 

こんにちは。ena狛江の山口です。

夏期講習第Ⅵ期の3日目。

夏期講習の授業日数もあと数えるところ数日となってきました。
第Ⅶ期は小6受検生は、「総整理特訓」講座。第Ⅴ期の合宿・集中セミナーと同様に他校舎の受検生と合同授業で受検生としての緊張感を持って、
自分とそしてライバルであり同志でもある仲間たちとともにの闘いの場に赴くのです。

第Ⅵ期の小6受検生ですが、やはり合宿・集中セミナー参加後ということもあり、第Ⅳ期までの様子から、明らかに集中度、緊張感が違ってきています。
本人たちにはあまり自覚がないのかもしれませんが、問題を解くときの姿勢やノートに情報を整理するときのまとめ方など、スキルアップしています。

もちろん、第Ⅳ期までに取り組んできた、復習ノートや問題の解きなおしなど、様々努力を積み上げて生きていますし、第Ⅴ期合宿・集中セミナーでは他校舎の受検生たちとも競い合うことがわかっていたことでもあるので、第Ⅴ期に向けて「負けない受検生」を意識して取り組んできました。

12538185944272

しかし、それでも、enaの他校舎のライバルたちとともに過ごす時間がどれだけ大きいものなのか…と感じるのでした。

そして第Ⅶ期の総整理特訓でさらに成長してくれるでしょう。

そして、そんな姿や空気を他の学年の生徒たちもなんとなく感じ取って成長してくれるのです。

日々の成長を実感しながら、一緒に学習できる夏期講習の時間を大切にしていきたいと思います。
残りの時間を意識してさらに突き進んでいこう!

byちゃーりー

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena狛江] 夏期講習第4期。全学年がそろって元気よく学習!

コメント数:0   投稿日:2020/08/09 22:11:23 

8月7日から講習第4期に入りました。

8月8日からは小3生の授業も開始。
国語では、物語文を通してあらすじや情景を説明できることを目標に学習しています。
算数では、問題文をよく読んで数と数の関係を正しく理解することを中心に学習しています。
式や図をもとにして「問題文づくり」も取り入れて、楽しみながら学習をしています。

enano

enaの小3生・小4生の学習指導では、将来の記述問題や適性検査問題へ無理なく対応できるように、
思考・判断・表現の学力を重視して学習を進めています。
理数系ではいわゆる「算数」の問題のほかにもパズル的なものや規則性を見つけて課題を解決するものも取り入れています。
その際に、着眼点や見つけた規則性などをしっかり「言葉」で説明することで理解を深めるように指導しています。

 

ところで、来年の大学入試からは今までの「大学センター試験」から「大学入学共通テスト」に変更されます。
2~3年前に行われた「試行調査(プレテスト)」の問題は、会話文形式で課題が提示されるなど、かなり「適性検査」と似た形式の内容になっていました。そして、問題の中には、なんとenaの小6の夏期講習で学習している教材と同じ題材が使われているものもあったのです。

img_4099

ごらんのように、グラフはほとんど同じです!

資料から読み取れることを思考・判断して、理解したことを説明する…
都立中適性検査も大学入試も、求められる力は同一直線状にあるといえるでしょう。
つまり、enaの都立中適性検査対策は、将来の大学入試にもつながっている学習だともいえると思います。
(ただ、この題材は二度と出題されることは無いのでしょうが…)
もちろん、高校入試でも、学力の要素としての思考・判断・表現の力は、重視される傾向にあります。

enaでの学習が、皆さんの将来に必ずつながる、本当にそう思います。
ぜひ、ena狛江で元気よく学習を進めていきましょう!

byちゃーりー

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena狛江] 小5理系は、この夏、整数の性質と図形、割合をパワーアップ。

コメント数:0   投稿日:2020/08/03 21:59:11 

こんにちは。ena狛江の山口です。

小5理系(算数分野)の授業では、この夏に整数の性質・図形・そして割合をパワーアップしてもらいます。

昨日からは、整数の性質。わり算と倍数・約数の関係の文章題の取り組み方を学習しています。
小5のみんなは、そこそこ難しい内容の問題でも、スラスラ…とはいかない場面もありますが、楽しんで解けるようになってきました。

というのも、問題の解き方を覚えようとするのではなく、問題の意味をよく考えて、自分が学習してきた数の性質と関連図けてとらえることができるようになってきたからだと思います。

img_4076

初めは、「問題の意味が分からない~」といって手が付けられないこともあったのですが、
「それって、つまりはどういうこと?」「言い換えるとこういう意味だね」というように、「言葉」で理解することを意識できるようになってくると、
粘り強く考えられるようになるのです。

算数こそ「言葉」で理解することが大切。
そして、式や図などで手を動かして問題の内容や考える手順を見えるようにしていくと、より理解が深まります。

img_4077

小5の夏期講習では、9月以降の学習のレベルアップに備えて、そんな学習の姿勢を身に着けてもらうことを目的にしています。

そのために、重視しているのが「復習ノート」です。
「復習ノート」は、授業で学習したことを「解きなおし」「考え方のポイントを自分の言葉で表現」するというものです。

それぞれがちょっとずつ工夫をして取り組んでいます。「復習ノート」のレベルもグレードアップしていくことでしょう!

img_4078

いいぞ、小5のみんな!

byちゃーりー

>>この記事へのコメントはこちらから

2 / 3123