中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena狛江] 9月4日から後期授業が開始となりました!

コメント数:0   投稿日:2020/09/07 22:48:10 

こんにちは。ena狛江の山口です。

9月4日(金)から後期の授業が始まりました。

夏期講習では、皆さん、とてもよく頑張って学習したので、授業での取り組みはやっぱり違いますね。
夏期学力判定テストの答案と成績資料は、土曜日の授業から返却していますので、小3、小4、小5、中2は今日まででお返ししました。
間違えた問題についてはしっかり解きなおしをしておきましょう。

さて、今日は山口が担当した授業は小5理系と中2数学でした。

小5理系は「単位量あたりと平均」。都立中適性検査の理数系の問題(とくに理科分野の問題)では、「超」がつくほどの頻出単元です。
しっかりマスターしておきたい単元です。この単元は、前期の算数演習や夏期講習でも繰り返し学習してきた単元です。まずは、ザッとと総復習。

img_4208

そして、後期のテキストからは、「発展問題」として、
公立中高一貫校の「適性検査問題」から学習単元にあたる問題を扱います。
今日の後半の授業では、まずは各自問題を解いてもらい、その後、一緒に問題文を読みながら「これって、言い換えるとどういうことだろう?」「会話文の中に出てくる説明を利用して、表現してみよう…」などと、適性検査の問題の読み取り方を解説しました。

img_4207

一見すると、何をどうやって取り組めばいいのか、読み取りにくい印象があるかもしれませんが、問題文のつくりがわかってくれば、ヒントが満載…というのが、適性検査なのです。やればやるほど勉強の面白さがわかってくるのです。

小5の後期の授業では、適性検査型の問題を通して、問題を読み取り課題を見出す力や理解したことを正しく表現する力をつけていきます。

中2の数学は、後期は図形分野を中心に学習を進めます。
その第一歩が「角度」。
夏期講習で先取りもしてきたので、今回は「バリバリ解くぞ!」という授業。
基本を確認しつつ、図形の問題の着眼点やコツを再確認しながら進めました。

img_4210

三角形の角度の問題というと「とりあえず、わかる角度を求めまくるっ!!!」となりがちですが、
しっかりゴールに至る(答えを出す)のに必要なものは何かをつかんで、最小の手順で求めることを意識して取り組んでもらいました。

まだ慣れていない部分もありますが、enaのテキストは「後につながる」良問が満載なので、
あとは、とにかく練習あるのみ!です。

しっかり、宿題に取り組んでください!

ということで、来週はいよいよ「三角形の合同」に入ります!角度の学習を通して図形の見方を鍛えましょう!

byちゃーりー

 

 

 

校舎情報はこちら

感想およびコメントをお寄せください