中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena東久留米の校舎ブログ一覧

[ena東久留米] 師走

コメント数:0   投稿日:2021/12/01 17:06:05 

中学生以上の皆さんは国語でも勉強するのでご存知のことと思いますが、師走は12月の異名です(師走・皐月は有名なので小学生でもご存知の方も多いと思います)。

この師走の語源ですが、巷でよく言われるのは『普段落ち着いている教師も忙しく走る月』がありますが(私もはるか昔の小学生時代担任の先生がそう話していたことを覚えています)がこれはほぼ誤解です。

この“師”は僧のことを言っていると考える方が一般的で(他にも説はありますが、いわゆる教師が走るよりは有力なようです)『僧侶が年末のお経をお経をあげるために東西を馳せる月』あるようです。

確かに、年末年始は寺社も様々な行事があり、古典的には“俗”にあたる我々も参拝等で寺社に伺うことも多くなるような気がします。

受験(受検)生各位も、“焦る”のような意味ではなく急ぐべきことがあれば気持ちの上で“走って”ください。

takami

私はここに詣でます。

Shiramine-jingu.jpeg

 

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena東久留米] 月日の経つのは速い

コメント数:0   投稿日:2021/11/30 15:00:19 

よく言われる言葉ですが、今月(11月)は正にそういう感じで今日は最終日です。

入試日程的には、仮内申判明、受検(受験)校決定、担任の先生に報告書(調査書)依頼、受検(受験)票用の写真撮影、インフルエンザ予防接種、もう完了しているものもあるかも知れませんが、このあたりが12月にやっておくべきことでしょうか。

あと2ヶ月くらいで本番です。

悔いの無いようにガンバリましょう。

takami

9月が気温が低めだったせいでしょうか?紅葉もピークが1週間ほど早いようです。

img_20211128_143649-1

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena東久留米] 言葉の使い方

コメント数:0   投稿日:2021/11/29 18:27:45 

最近新聞などでも「(著名人の)〇〇さんの“母”が死去」という書き方をするケースがありますが、皆さんはどう感じますか?

私はちょっと違和感があります。

「父」「母」という使い方は謙譲語の一種で身内の場合に使うものと思います。

「△△くんの母は元気?」とは言わないと思います。

作文の勉強をするときにも意識しております。

takami

img_0175

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena東久留米] 合格するには

コメント数:0   投稿日:2021/11/27 13:47:16 

まず自分の『合格プラン』を立てましょう。

「当日試験会場に行けば受かる!」くらい自信のある人はいいですが(それでも油断禁物です)そういう人はそんなにいないでしょう。むしろ多くの人がギリギリの『勝負』だと思います。

具体的には自分の個性をよく把握して、科目1では〇〇点、科目2では〇〇点、科目3では〇〇点・・・と自身にあった想定される合格ラインへの到達の仕方があると思います。

ここからの約2ヶ月少々はそれを見極め実現可能にしていく時間でもあると思います。

これは入試科目が多いほど個人差や多くの方法かあるとはずです。

模試・過去問・日曜特訓等で把握していきましょう。

takami

今日はこの2つです。

img_0162img_0164

>>この記事へのコメントはこちらから

[ena東久留米] 努力の目安

コメント数:0   投稿日:2021/11/26 21:07:01 

私立中学や私立高校は、その入試の後に公立が控えている関係で不確定な面があるのでここでは【都立・国立中高】の場合に限定します。

これらの学校はほぼ募集定員どおりの合格者を出します。

そうすると、例えば平均的な都立中を例にとってみますと男女別で80名の募集です。

ということは、自分がその学校を受検する児童・生徒の中で努力している結果が80位に入っているなら“合格”出来る訳です。

多くのライバルがいる日曜特訓はそれを量る良い機会と言えます。

ぜひ、“合格圏内”と言える努力をするようにしましょう。

takami

小6生は、次はこれです。

img_0525-2

>>この記事へのコメントはこちらから

2 / 1512345...10...最後 »