中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena分倍河原] 『第二の実験(the second challenge)』

コメント数:2   投稿日:2020/09/18 22:24:08 

こんばんは。分倍河原校の杉原です。

 

平〇〇年度  桜〇館中

① Мさん  49

② Kくん  48

 

結論

「試行錯誤した経験・悩んで解決した経験」の体験ストックを

ダッシュで書き溜めよ!

400字詰め原稿用紙に三本ずつ、二段落のみを書く。

 

注意すべき点

①じっくり②細かく③対比的に

 

テーマ

❶習い事系(成長度を書きやすいから)

水泳・ピアノ・ダンスなど。

どこに気づいて、どう練習したら、どう上達した?

❷お手伝い系

家族内でのお手伝いをやってどんな変化や

気づきがあったか?

❸社会的協力系

学校の委員会、給食当番、掃除当番、運動会、学芸会等

みんなと力を合わせて何かを得た経験。

(思いやりを漂わせながら)

 

これらを意識的に体験ストックに入れながら、

仕上げるとパワーアップできるのでは?

という推察・・・。

 

ボス「ちょっと情報が、濃すぎやしないかい?」

ジョーク・スライダー「あまりにも書けていない作文に

居てもた立ってもいられずに・・・」

 

日南産の早摘み蜜柑が酸っぱすぎて、顔がムンクになりつつ、

それでも完全に身体がアルカリ性になって、リフレッシュされた晩に。

 

分倍河原校  杉原雄一郎

 

校舎情報はこちら

“『第二の実験(the second challenge)』”への2件のコメント

  1. ちーうし より:

    中学校で偽った体験を作文に書いたら怒られますた。
    新聞の記事になるような子供ってどう考えてもフィクションにしか感じられません。ずっとネットサーフィンしてたほうがいいと考えてしまう内なる自分とたたかわないんですかね。

  2. bubaigawara より:

    ちーうし様

    偽りとわかってしまってはアウトですね。
    そこは、匙加減です。
    近くにそこまでわかって採点してくれる人がいれば
    いいのですが・・・。
    by SUGIHARA

感想およびコメントをお寄せください