中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena小中 多摩地区

[ena分倍河原] 『不器用でも、直球で。』

コメント数:17   投稿日:2020/07/26 23:28:12 

こんにちは。

ena分倍河原の杉原です。

 

この五日間、小学五年生から中学三年生までの作文を担当して、最も感じたことがある。

五年生の体験文の内容が平均して、最も熱かったのだ。

読んでいるこちらの気持ちが完全に、かつ、圧倒的に揺れ動かされていた。

いったい、その原因はどこからやってきたのか?

丁寧に、読み解いていくと、その謎は解ける。

ほとんどの原稿が、物事に対して、真正面から、取り組んでいたのだ。

学年が上がるに連れ、無数のテクニックは増えていく。

直球勝負で、ズドンと書くことから、どんどんと離れていく。

語彙が増えるのと同時に、逃げ道も増えていくのだ。

そこをどこまで自分で戒めていけるのか。

小学五年生。わずか十歳か、十一歳の未来の塊たちに、学ばせてもらったのだった。

 

四連休の終わる、日曜日の晩に。

 

ena分倍河原校 杉原

校舎情報はこちら

イベント情報はこちら

“『不器用でも、直球で。』”への17件のコメント

  1. 永遠の小学生 より:

    先生はじめまして。
    いつか先生が文壇に立つ日を心から待ってます。
    いつか…
    いつか…

  2. bubaigawara より:

    お待たせしました、永遠の小学生さん。
    ペンネームといい、内容といい、なかなか、センスがいい。
    はじめましてときているのに、私が文壇に一石を投じるという狙いを御存知で・・・
    謎ですね。さて、この続きをあなたならどうします?by SUGIHARA

  3. ジコウサクセイに入れたのは努力の賜 より:

    もともとこちらの塾で中学受験時代からお世話になりましたが、作文の純粋さは年々薄れていきました。やはり、点数を取るために書くからなのでしょうか、、私を指導して頂いてた大先生はそこん所が他の講師とは違ったような、、
    純粋無垢に作文を書けば書くほど、なんだかんだで自分の意見が伝わりやすかったり、自分の体験がぽんぽんぽーんて出てきたりするんですよね、
    て、思ってしもうた今日この頃。

  4. bubaigawara より:

    ジコウサクに入れたのは努力の賜 様

    作文にも多種多様な教え方、考え方があります。
    そんな中、私の場合、せっかく文章を書くなら、試験に受かるだけの作文力では、勿体ないと
    考えてしまっているのかもしれません。
    受かるのは当たり前で、そこに更にどれだけ、作文を楽しく書けるか。書くたびに自分のことが
    わかっていける本物の作文が書ければ、素敵だなと。そう思いながら、教えているのかもしれません。
    誰に教えられたのでもなく。一生ものの作文力の基礎を学ばせたいといった気持ちで。
    やはり、都立受験経験者組は、多少のブランクがあっても、いざ、書かせると皆、物が違います。
    その意味で、都立受検の勉強に無駄はないのかなと感じております。
    あなた様もきっと素晴らしい作文を書けるのでしょうね。羨ましいです。
    その力、いつまでも、いや、生涯、大事にしていってください。
    ぽんぽんぽーん・・・最高です。
    by SUGIHARA

  5. ゆめあ より:

    確かに5年生の時より6年生の時の方が内容や体験が浅いような、、、
    今の方が読みやすいけど、たまには思っている事を全開にした作文もいいのでしょうか。
    僕も楽しく作文が書けるようにしたいと思います。

    宿題今からがんばります

  6. わかるはず より:

    先生いつも授業ありがとうございます。
    直球勝負だと思ったみたいだけど
    あれでも結構テクニック使ったつもりでした。
    もっとわかってもらえるようにがんばります。

    日曜日の夜って暇なんですね。
    全集中の呼吸で作文書きます!

  7. ルーミャン より:

    杉原先生、こんにちは。語彙が増えると同時に逃げ道も増えるが逃げない、これは先生の努力の結果でもありますね!

  8. 森田 より:

    杉原先生こんにちは。
    「直球勝負で、ズドンと書くこと」
    素晴らしい言葉ですね。耳が痛いです。
    杉原先生の授業を受けられる生徒さん達は、幸せだと思います。
    今後とも熱い情熱でお願いします。

  9. 銭形平次 より:

    こんばんは^_^
    他の校舎のブログも読ませていただきましたが、分倍河原校は、毎回ブログの完成度が高いし、面白い????ですね、
    先生の教え子さん達は幸せ者ですねー(^^)
    明日も、生徒さん達に面白い授業ヲ(^◇^)
    それでは先生方、お疲れ様でしたー

  10. bubaigawara より:

    ゆめあ様

    六年生の方が、冷静な大人に近づいてしまっているのだろうか・・・(笑)
    逆に今のうちは、実験的に思っていること全開バージョンで書いてみるのも、
    後々の秋以降の作文の伸びに生きてくるとおもいますよ!
    是非、楽しみながら、宿題ガンバレ!!

    by SUGIHARA

  11. bubaigawara より:

    銭形平次様

    完成度、高いですか?嬉しいです。皆様のコメントの完成度、難易度も高く、
    私の夏期講習は確実にハードになっております(笑)
    少しくらい、授業でジョークが滑ったところで、それも計算のうちと、
    温かい眼差しもあれば・・・・
    お気遣い、ありがとうどざいます~!

    by SUGIHARA

  12. bubaigawara より:

    森田様

    ありがとうございます!私も生徒の立場になりたいです(笑)

    by SUGIHARA

  13. bubaigawara より:

    ルーミャン様

    おもしろいペンネーム(笑)バーミャンからきているのかな?
    逃げ道がみえてしまうとそこへ逃げたくなるのが人間ですから(笑)

    by SUGIHARA

  14. bubaigawara より:

    わかるはず様

    相手に直球と思われたら、それも一つのテクニックであり、いいとおもいます(笑)
    全力呼吸、期待してます!

    by SUGIHARA

  15. 怪盗 xun より:

    どうしたら 作文を上手く書けますか?

  16. 銭形平次 より:

    返信ありがとうございます????
    先生はきっと とてもいい先生なんでしょーねー(о´∀`о)
    明日も、授業頑張ってください^_^

  17. bubaigawara より:

    怪盗xun様

    簡単に言えば、公式通りに当てはめれば、それなりにうまくは書けます。
    あとは、どこまでわかりやすく、細かく説明できるかですね。
    そして、書き馴れること。そのうえ、都立受検作文について言えば、それを的確に
    採点指導できるひとに、アドヴァイスをもらうことですかね。

感想およびコメントをお寄せください