校舎ブログ詳細

ena塩浜

小中学部

2.23 日刊ena塩浜 -三度目の説明会と定期テスト対策の話-

投稿日: 2024.02.23 4:17 pm

こんにちは、ena塩浜の青木です。ぬいぐるみが部屋あります。ポンデライオン。

 

本日は3回目の開校説明会でした。

お足元の悪い中、多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました。

開校前の説明会はこれがラストとなり、

次はいよいよ3月の公開講座のスタートとなります。

塩浜の子たちとのやりとりを行うのが楽しみです。

 

3月の公開講座中も、土曜日には説明会を行います。

日時の詳細はまた改めてアップをいたしますので、

少々お待ちください。

 

 

都立高校入試は5教科の試験、

自校作成校でも共通問題校でも同一の問題となる理社の成否が合格のためのキーポイントの一つですが、

今年は難度低めで、理科は100点の受験生も少なくなさそうです。

中学校の理社は学校ごとの指導方法、内容がだいぶまちまちで、

たとえば社会であれば、地理と歴史をどれくらいのペースで切り替えるかが学校ごとに様々です。

前任の校舎は3つの市の境目だったため、定期テスト対策時には、理社の対策と、これも学校ごとにそれぞれ全く異なる実技教科の対策に骨を折られましたが、

塩浜はかっちり江東区に収まっているので、対応がしやすそうです。

それでも、現在お申込みいただいている中学生の子たちの学校は複数あるので、

そこの微妙なズレはしっかりケアしながら対応をします。

過去の経験で言うと、一番苦慮したのはとある中学校の中2の音楽のテストで、

楽譜をみて、それが長調なのか短調なのかを答えるというもの。

私は楽器経験がないので、全くわからない分野でしたが、生徒たちが分からない、というので、

あれこれ調べ、中3のピアノや吹奏楽をやっている子に教わって、それを中2の子たちと共有して、と対策をしました。

あれはしんどかったけれど、みんな本番でちゃんと点数を取れていて嬉しかった。

塩浜の地では、どんな珍しテスト先生がいるのか、楽しみです。

 

◆今日の一問:じゃんけんの出し手が、3つでなく4つだった場合に起きる問題点は?

 

ena塩浜 青木

校舎職員スペースからの景色、けぶるスカイツリー。

感想およびコメントをお寄せください

校舎情報(ena塩浜)