enaホームページへ 学院長メッセージ 帰国生合格実績
ena国際部インフォメーション
アメリカドイツベルギーイギリス中国日本カナダオランダシンガポール
 

学院長メッセージ

学院長 河端 真一
- 略歴 -
1951年 京都府京都市に生まれる
1976年 慶應義塾大学経済学部卒業
1976年 株式会社学究社設立
1985年 株式会社学究社 株式を店頭公開(現JASDAQ上場)
(設立より最短記録・最年少株式公開社長記録を更新)
2001年 一橋大学大学院法学研究科修士課程修了
2004年 一橋大学大学院法学研究科博士課程修了
(法学博士号取得)
2004年 一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授就任
2006年 一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授任期満了退任
 現在の受験生、とりわけ小・中学生を取り巻く環境は大変恵まれており、「生きる」ということを真剣に考えずとも生き続けることができ、その結果、受験に対する目的意識・意義を考えることなく、これに直面する諸君が多いのが現状です。
 しかし、受験は、それまでの諸君の人生とは遠い、合格と不合格の二つの結果しかない厳しい試練の場です。これに合格するためには、教師・生徒・そして保護者様も、まさに言葉の本来の意味で『真剣』に、これに立ち向かい、ともに合格を願い『必死』で頑張らなければなりません。
 この真剣さの中で「生きる」ということが何であるのかを考えるに至ります。日々の、決して楽ではない努力の中で、「なぜ受験するのか」という問いに答え得るということは、「なぜ生きるのか」という問いに答えるのと同じである、ということが見えてきます。
 世の風潮は“楽して合格する”ということを至上の価値の如く言いますが、それは「生きる」ということへの肉薄がなされないという点で教育的配慮が欠けていると言わざるを得ません。
 広大無辺な宇宙と悠久の歴史の中で、己の卑小さを知る、そしてそれを知ればこそ、生き、学ぶことの意味、真の言葉の意味で「真剣に」「必死に」努力することの意味を深く悟るのです。つまり、それが「生きる」ということです。

海外生・帰国生の皆さんへ

ena国際部は、1987年のニューヨーク校開校以来、21世紀を見据えた受験の国際化を展開してまいりました。海外校舎も、北米、欧州、アジアに20を超える校舎を数え、世界主要都市において帰国生受験の支援体制が確立されています。その結果、毎年多くのenaの生徒たちが、海外で生活していたことをハンディとせずに、それぞれの受験で素晴らしい成果を収めることができるようになりました。
 さて、enaが最も大切にしているもの、それは「授業」です。どんな指導をすれば生徒がやる気を出し、個性を引き出すことができるのか、あるいは、どれくらいのレベルで伝えれば理解できるのかなどを把握することは、教師と生徒が向き合い、教室の空気を全員で作り上げる授業においてしかできないことだからです。入試制度の変更により、表面的な学習の姿勢が変わっても、子供たちの「学びたい」「知りたい」という知的欲求や、「自分の考えを伝えたい」とする自己実現願望は変わりません。そんな子供たちの欲求に応えるためにも、enaでは生徒を中心にした、生徒のための「授業」を、帰国生受験に精通した教師が全力で行っています。enaはこのような海外・国内一貫した指導体制のもとに、帰国生の皆様のお手伝いをいたします。皆様のご来校を心待ちにしています。