ena塾

enaサイトへ
資料請求はこちら
合格するための冬enaの冬期講習会

冬から始めたい方のための

冬期講習会
4日間無料
冬期講習会から授業をスタートさせたい方には、冬期講習会4日間無料の特典をご案内しています(小6・中3・各種オプション講座を除く)。さらに、小4・小5、中1・中2の方には、同時特典として本科入学に関する授業料無料特典もございます。
enaに通われるのが初めてのお子さまでも、きめ細かくサポートしますので、ご安心ください。

※上記特典は、enaに初めて通学される方を対象とした特典です。4日間のみ受講される場合は、教材費を頂戴します。
enaの冬期講習会は、合格に向けて豊富な学習時間を確保しています。とにかく勉強させます。
例えば、小6、中3コースでは、正月合宿を含めて
小6コース
講習9日間+合宿3泊4日
合計95時間
普段の授業の約2.4ヶ月分
中3コース(5科)
講習9日間+合宿3泊4日
合計95時間
普段の授業の約3ヶ月分
もの授業時間を確保しています。合格に向けてena教師陣が全力で支える「冬」です。その他学年も多くの勉強量を確保できる絶好の機会です。enaにお任せください。
冬期講習の詳細を見る

都立中高専門

2017年度入試においても、enaは都立中高でNo.1の合格実績となりました。
都立中は合格者占有率48%、合計738名合格と圧倒的な強さを見せました。
都立高も合計1,902名、都立進学指導重点校・進学指導特別推進校合格実績No.1など、
多数の合格者を輩出しています。

合格実績

都立中738名合格
占有率48%
合格実績 合格実績 合格実績 合格実績 合格実績 合格実績 合格実績 合格実績 合格実績 合格実績 合格実績
都立高1902名合格
進学指導重点校339名合格
進学指導特別推進校219名合格
進学指導特別推進校219名合格
開成高 3名 / 筑波大駒場高 3名 / 筑波大附属高 2名 / 東京学芸大附属高 11名 / 早稲田実業高 24名
早稲田高等学院 20名 / 早稲田本庄高 15名 / 慶應義塾志木高 14名 / 慶應義塾女子高 8名
慶應義塾高 12名 / 慶應義塾湘南藤沢高 13名 / 国際基督教大高 42名 / 豊島岡女子学園高 2名
明治大明治高 18名 / 明治大中野高 7名 / 明治大中野八王子高 19名 / 中央大附属高 42名
中央大高杉並高 39名 / 中央大学高 11名 / 青山学院高 27名 / 法政大学高 17名 / 法政大第二高 9名
法政大女子高 5名 / 立教新座高 15名
他多数の合格詳細を見る

enaの冬期講習

enaの冬期講習会
小3
小4
小5
小6

小学3・4年

小3コース
4日間で算数・国語の基本を楽しく学習します。
記述の復習プリントを用意し、低学年からの記述指導にも注力しています。
教科
料金
小3ふしぎ教室
小4コース
算数・国語・理科・社会を学習する8日間です。
合計20時間の学習量で各教科の土台を固めます。
教科
料金

小学5・6年

小5コース
文系、理系、作文に分けて学習。都立中合格に必要な力を養成します。
9日間合計45時間の学習量で計算力、思考力、記述力をアップさせます。
教科
料金
小6コース
都立中に完全対応する唯一無二の受検生コース。適性検査で最重要の理系は1日
3.3時間もの学習量を確保。講習9日間合計60時間+正月合宿35時間
(正月特訓の場合18時間)の学習で得点力を飛躍させます。
教科
料金

中学1年

現学年の復習と新学年へのスタートがテーマです。都立高合格に向けた
5科の総合コースで得点力をアップさせます(3科受講も可能です)。
9日間合計30時間の勉強量を確保しています。
教科
料金

中学2年

現学年の復習と新学年へのスタートがテーマです。都立高合格に向けた
5科の総合コースで得点力をアップさせます(3科受講も可能です)。
9日間合計45時間の勉強量を確保しています。
教科
料金

中学3年

都県立、私国立問わずすべての高校受験生にとって重要な冬の特訓授業です。
入試問題を繰り返し演習し、3科で講習9日間合計45時間+正月合宿35時間
(正月特訓の場合18時間)、5科で講習9日間合計60時間+正月合宿35時間
(正月特訓の場合18時間)の学習で得点力を飛躍させます。
教科
料金
さらなる詳細は各校舎よりご説明いたします
資料請求はこちら
ハンドブック進呈中 ハンドブック

資料請求

*印は必須項目です。
機種依存文字は使用しないでください。

お名前必須 姓   名  ※全角文字
学年必須
電話番号必須  -  -  ※半角数字
メールアドレス必須  ※半角英数字
郵便番号必須  -  ※半角数字
都道府県必須
住所必須
ご希望の校舎任意
個人情報の取り扱い
※必ずお読みください

トップへ戻る