合格実績

先輩たちの合格体験記

原 大和さん

2016年度入試 原 大和さん(麻布高校出身)

東京大学(文科Ⅰ類)

その他合格大学:早稲田大学(政治経済学部)、慶應義塾大学(法学部) 他

大学入試
合格体験談

高1からenaに通い、駿台予備学校にも通い、東京大学に合格した者として体験記を寄せたいと思います。 駿台や河合塾といった大手に比べれば、確かにenaは小規模な塾です。でも、だからこそenaにしかない良さが沢山あります。その最大のものが「先生方との距離の近さ」です。駿台にも通ってみて、あぁenaは何てフレンドリーなのだろう、と何度思い知ったか数えきれません。enaの皆さんへのアドバイスは、この「近い距離」を活かしきれ!の一点です。どれだけ近いと言えど、活用しなければ意味がありません。授業の内外で生じた疑問はすぐに質問するなどして、先生方との距離を更に縮めましょう。きっと様々な場面で役に立ちます。 文系で東京大学を目指す人にも一言。東大は地歴公民を二つ必要とする日本唯一の大学です。enaではメインとなる科目を授業で取るでしょうが、先生方にも相談しつつ先を見据えて偏りなく勉強してください。 そして最後にもう一つ。文系受験は英語が肝です。そのうえで勝負の鍵を握るのは数学です。この二つを高2までに固めることで志望校合格がグッと近づくと思います。

後輩への
メッセージ

受験は一つの事だけに全精力を注ぐ、人生でまたとない機会だと思います。日々悩み、苦しみ、ときに投げ出したくなると思いますが、頑張った分だけの報いが得られます。どれだけの報いがあるか、また人生においてどれだけの糧となるか、全てが努力次第です。もっと出来る自分を信じて頑張り切ってください。
大芝 芳明さん

2014年度入試 大芝 芳明さん(筑波大学附属駒場高校出身)

東京大学(工学部)

その他合格大学:早稲田大学(先進理工学部) 他

大学入試
合格体験談

自分がenaに通い始めたのは中学受験の時で、結局そのまま中高6年間ここにお世話になりました。他の予備校には模試以外では顔を出したことがないので、単純に比較することは出来ませんし、するつもりもありませんが、学校での友人たちが名の知れた予備校に通っているのをみて、不安が全くなかったといえば嘘になります。それでも、結果合格を勝ち取ることが出来た今となってはやはり、enaにずっと通い続けて良かったなと心から実感しています。enaの一番良いところは、やはり先生方が生徒一人ひとりに親身になって対応してくれることでしょう。これは山のような生徒数を抱えている予備校には決してできないことだと思います。答案の添削をしてくださり、どんな質問にもしっかりと答えていただいた先生方には大変感謝しています。授業の生徒数もそれほど多くなく、何か分からない所があってもすぐに質問できる雰囲気がありました。 学校行事等に関して色々と融通がきくのもenaのいいところです。自分は高3の2学期に文化祭準備で2か月ほど受験から離れましたが、その間の勉強をどうするかといった相談や、抜けている分のフォローなどもきちんとしていただきました。 最後に後輩に向けて、長い受験勉強を乗り切るコツは、勉強を楽しむことです。これは完全に受け売りですが、学問の根底にはやはり人間の好奇心というものがあります。それを活用できるか否かで心持が大きく変わってくるということはこの一年間で自分が実感したことでもあります。たまには、成績云々から離れて自分の好きな科目を突き詰めてみるのもいいかもしれません。最後の一年は辛いものになるかもしれませんが、健闘をお祈りします。

後輩への
メッセージ

大学生活は、本当に楽しいです。やりたいことがなんでもできると言っても過言ではありません。そして、大学のレベルが高い方が、いわゆる難関大と言われる大学の方が、何かをやろうとした時に実現できるものが多いような印象があります。それは学問においてもそうですが、それ以外のサークルや、極端にいうとただの遊びに関してだって当てはまるように思います。逆に、できることが多いからこそ多くの人が集まって来ると言えるのかもしれません。そういう意味で、受験勉強は本質的に将来の自分の可能性を広げる行為なのだと思います。
徳長 恵士さん

2015年度入試 徳長 恵士さん(都立国立高校出身)

一橋大学(経済学部)

その他合格大学:早稲田大学(社会科学部)

大学入試
合格体験談

僕がenaに入ったのは高2の冬です。部活が忙しかったので、部活と勉強が両立できるenaに決めました。入塾当初は知り合いがいませんでしたが、レベル別に分けられた適度な人数の集団授業、そして合宿や、特訓授業を通して、同じ目標へと向かう仲間ができ、切磋琢磨し合いながら受験へと進むことができました。 質問があるときは先生もしくはチューターさんがいつでも教えてくれ、また自分の担当の先生との定期的な面談により勉強計画を着実に進めることができました。 僕はセンター1ヵ月前のセンタープレ模試で失敗し、志望校の目標点数までは程遠かったです。大きなピンチでしたが、先生方とやる事を書き出し、1つ1つこなしていきました。どの教科でも常に言われてきたことは基礎の大切さです。単語や流れ、定理など基礎を修めてはじめて応用問題に挑めるのであり、僕も入試直前に基礎の総復習をしました。これらの結果、志望校に合格することができました。ena生のみなさん、現役生は受験当日まで伸びます。最後まで諦めず志望校に向かってください。

後輩への
メッセージ

“Leave nothing for tomorrow which can be done today.” かの有名なリンカーンの言葉です。 限られた時間を大切にし、地道に努力し続けてください!応援してます!
吉田 稔さん

2015年度入試 吉田 稔さん(桐朋高校出身)

一橋大学(社会学部)

その他合格大学:慶應義塾大学(商学部)、早稲田大学(社会科学部) 他

大学入試
合格体験談

僕は高2になってからenaに通い始めましたが、高3の夏に部活を引退するまでは週2回の授業に出るだけで、勉強量も十分にとれていませんでした。そのため、夏に本格的に勉強を始めた頃にはかなり遅れをとってしまっていました。 そこで、8月になってからは勉強時間を確保するために毎日22時まで自習室に残るようにし、先生方やチューターの方と相談して計画的に勉強を進めていくようにしたことで、少しずつ力をつけていくことができました。 enaでは先生方に気軽に質問や相談をすることができ、添削をお願いしたときにも快く引き受けていただくことができました。直前期に過去問を解いて添削していただき、復習するというサイクルで効率よく勉強することができたことは、合格の大きな要因だと思っています。また、チューターの方々は質問に答えてくださるだけでなく、ペース作りのために定期的に勉強の進み具合を見てくださり、本当にお世話になりました。後輩のみなさんは早くから勉強して、楽に合格できるように頑張ってください。

後輩への
メッセージ

志望校が決まっていなくても勉強を進めていくことはできますが、自分の行きたいところがはっきりと決まっていると、モチベーションになるということはもちろん、どんな勉強が必要かということが明確になるという面でも、アドバンテージになります。早く志望校を決めればいいというわけではありませんが、どんな所に行きたいのか考えてみることも必要だと思います。
森井 七生さん

2016年度入試 森井 七生さん(都立国分寺高校出身)

東京工業大学(第2類)

その他合格大学:早稲田大学(先進理工学部)、明治大学(理工学部) 他

大学入試
合格体験談

僕がenaに一番感謝したいのは、「見通し」をハッキリ立ててくれたことです。塾の面談で初めて志望校や目標を話した時に「それで、この目標のために具体的にどうするの?」と聞かれ、僕は言葉に詰まりました。今まで、自分はただ授業を受けて勉強しているだけだったと気づきました。もちろんその積み重ねも大事ですが、それだけでなく計画や指針を週単位、月単位で意識するようになりました。 先生方やチューターの皆様は、そのための手助けとして日々の近況報告や情報提供、質問、相談など、とても親身になってくださいました。もちろん授業においても、「それを受験でどう使うか、受験でどう出るか」といったことまで見据えた指導、英語の授業後の添削、数学のしつこいほどの復習テストは、受験への見通しや戦略を自分で考えていくための大きな支えとなりました。 その力を養えたことが、合格につながったのだと思います。今まで本当にありがとうございました。

後輩への
メッセージ

受験期に大事なのは、「今の自分に何が足りなくて、受験本番までに何が必要か、そのためには今月、今週何をするか」と、見通しを立てることだと思います。そうすると意外と時間が無いことに気付くはずですし、その方が毎日の勉強に意味を感じることも出来るのでは無いでしょうか。皆さんの健闘を心から願っています。
松本 彩乃さん

2014年度入試 松本 彩乃さん(都立立川国際中等教育学校出身)

京都大学(医学部人間健康科学科)

その他合格大学:早稲田大学(文学部)、早稲田大学(人間科学部) 他

大学入試
合格体験談

enaは日本一の塾です。いえ私にとっては宇宙一の塾です。高3の5月までバスケが恋人で、6月まで体育祭で頭が一杯で、その後卒アル作って9月までは女装コンテストの台本を考えて、高1から高3の秋まで常に勉強でないことに血道を上げていた私が、志望校に合格できたのは1年の春にenaと出会えたからです。魅力的で愉快な先生方とチューターの先輩方、仲良しの同級生のおかげです。自らの反省から後輩の皆様に進言したいことは2つです。 ひとつ、恥を捨てて隣席の人に声をかけてみましょう。どうせ3年になったら一人ぼっちでは寂しくてやっていけなくなりますから、早急に友人を作り塾ライフを謳歌するのが賢明です。 ふたつ、授業の復習をひたすら大事にしましょう。私はまともに仕上げたと言える問題集は基礎問題精講のIAとIIBの二冊しかありませんが合格できました。enaの先生と授業が最強だからです。最高に楽しい三年間でした。一生忘れません。どうもありがとうございました。

後輩への
メッセージ

ネームバリューや合格の可能性に惑わされずに本当に自分のやりたいことを見つめて、それができる環境を手に入れるために頑張ってほしいと思います。普通は苦しい受験ですが、それを笑って乗り切れる仲間と先生がenaには集まっていると思うので、楽しみながら走り抜けてほしいです!
平田 美音さん

2016年度入試 平田 美音さん(都立立川国際中等教育学校出身)

東京外学国語大学(国際社会学部)

その他合格大学:国際教養大学(国際教養学部)、早稲田大学(国際教養学部) 他

大学入試
合格体験談

私が外語大に合格できたのは、6月の部活引退後の切り換えができたからだと思います。 引退までは何よりもバスケが好きで、勉強はしていましたが、正直部活のことで頭がいっぱいでした。それでも引退してからそのエネルギーを毎日毎日勉強にぶつけることが苦ではなかったのはenaのおかげだと思っています。特に英語の授業は本当に楽しくて、最終的に自分の英語力に自信を持つことができたことが、本当に大きな力になりました。 また、自習室の環境の良さもenaの魅力の一つだと思います。私は家であまり勉強ができなかったので、広々とした自習室の存在はとてもありがたいものでした。友達が頑張っている姿を見ることも良い刺激となりました。受験勉強は早く終わってほしいと思った反面、私にとって毎日が濃密で、新しい発見の連続で、知識にこれほど貪欲になれる機会をもらえたことに本当に感謝しています。 enaは先生や仲間との距離が近いことが特長の塾だと思いますので、大いに頼ってぜひ高校生活、受験も含めて全部楽しんでください!

後輩への
メッセージ

今はまだ先行きが見えなくて悩んだり不安になったりすることもあると思いますが、自分が決めた道を自分の力によって切り開いていく過程にこそ意味があると思います。周りの人への感謝を大切にしながら、思う存分自分の道を進んでください!
石原 夕夏さん

2014年度入試 石原 夕夏さん(女子学院高校出身)

東京学芸大学(教育学部)

その他合格大学:上智大学(文学部)、明治大学(文学部) 他

大学入試
合格体験談

私は高2まで他の大手の塾に通っていましたが全く成績が上がらずに悩んでいたとき、中学受験の際eggでお世話になった先生に声をかけて頂き、ena に入塾しました。 特に英語と数学が本当に苦手で、英語は高3の夏になっても文法の基礎が定着していないような状態でした。それでもenaの先生方は諦めずに最後まで対応してくださり、授業以外でも親身になって、勉強面はもちろんのこと、精神面までサポートしてくださいました。 私は、このように先生方との距離が近いことが、他の塾にはない、enaの一番の魅力だと思っています。enaの先生方は、生徒のことを一人ひとり真剣に見て、対策を考え、その志望校にこだわってくださる方ばかりです。自分が諦めそうになった時でも、絶対に諦めず、信じて支えてくださった先生方やチューターの方々がいたからこそ、合格できたのだと思います。信頼できる先生方に囲まれて、受験期をenaで過ごせたことを感謝しています。 みなさんも、enaの先生方と自分自身を信じて、最後まで頑張ってください。

後輩への
メッセージ

今はまだ大学がどんな場所なのかもよく分からないし、そもそも受験を乗り切れるのかと不安に思う人もいると思います。ただ、どこの大学を受けるにしても、またどの大学に通うことになったとしても、大学受験という目標に向けて一生懸命努力したという経験がとても大きな財産になるはずです。つらいことや悩むことも多いと思いますが、是非頑張ってください!
比良 隼さん

2016年度入試 比良 隼さん(都立立川高校出身)

東京農工大学(農学部)

その他合格大学:上智大学(理工学部)

大学入試
合格体験談

突然ですが問題です。「括弧内の語を並び替えて文を完成させなさい。He didn’t let [ minute, hand, go, until, her, the, of, last].」この問題は高3英文法の最後の授業で扱った問題です。早速ですが、答えはHe didn’t let go of her hand until the last minute.となります。この問題を解く上で重要なのはlet go of ~=~を手放すという熟語を知っているか否かなのですが、実はこの熟語は、この問題と同じ整序問題として5月の第一回の記述模試で問われたものでした。最後の最後まで復習の大切さを伝えるために、先生はこのような問題を出したそうです。しっかりと復習してあれば、それだけで実力を高めることになります。授業を受けただけで実力がついたと勘違いしないようにしてください。実際に、アメリカのNational Training Laboratoriesの調べによると、授業などの講義を受けるだけでは学習内容の5%しか定着しません。皆さん、是非復習を徹底して行ってください。学校も部活も行事もあって、時間が無いと思っている人、大丈夫です。寝る前の30分があります。寝る前にノートを見ながら今日一日習ったことを音読するだけでもずいぶん違います。健闘を祈ります。

後輩への
メッセージ

受験を乗り切る上で重要なのは最大限まで自分の学力を高めることです。そのためにはたくさん勉強することももちろんですが、それ以上に高い目標を掲げることが鍵となってきます。目標が高いほど努力することができますし、目標を持つことで計画的に勉強することができます。皆さんも高い目標を持って勉強しましょう。
鈴木 茉生子さん

2016年度入試 鈴木 茉生子さん(都立国分寺高校出身)

首都大学東京(都市教養学部)

その他合格大学:明治大学(情報コミュニケーション学部)、立教大学(社会学部) 他

大学入試
合格体験談

私は高3からenaに通いましたが、高3の9月まで部活や文化祭の準備などに取り組んでいたので、本格的に受験勉強に取り組めたのはそれ以降だったと思います。10月・11月頃は周りの人から遅れている意識もあったし、過去問をやってもなかなか点数が取れなくて辛かったです。周りとの差を埋めるためにとにかく基本的なことを固めるように勉強して、基礎は最後の受験の日まで毎日続けました。 塾での授業は、髙橋先生の日本史がとてもためになりました。はじめは髙橋先生が重要と言ったところを覚えて、その後は1つの用語から思い出せることを紙に書き出す方法で勉強しました。はじめはなかなか取れなかった点数も次第に得点できるようになっていって、日本史が得点源になりました。合格できたのは、髙橋先生の日本史のおかげだったと思います。enaの先生方、一年間ありがとうございました。

後輩への
メッセージ

受験勉強しているときは、辛かったり苦しくなったりすることもたくさんあると思いますが、大学生になったら楽しいことがたくさん待っていますし、自分のやりたいことをたくさん学べますので、最後まであきらめずに頑張ってください。
安西 勇貴さん

2016年度入試 安西 勇貴さん(都立武蔵高校出身)

早稲田大学(商学部)

その他合格大学:早稲田大学(教育学部)、早稲田大学(文化構想学部) 他

大学入試
合格体験談

私は高2からenaに通っていましたが、本格的に受験勉強を始めたのは、部活を引退した後の高3の5月頃からでした。そのころから夏休みにかけては英語と古文それぞれの単語と文法知識の学習に重きを置いていました。受験勉強の最も大きな弾みとなったのは夏休み開始直後のenaの夏期プレ合宿で、志望校に向けた準備が順調に進んでいるという思い込みが打ち砕かれたいい機会になりました。合宿に行っていなければ、無駄な夏休みを過ごしていたはずです。夏休みまでは日本史の学習に多くの時間を割けなかったので、秋からは理社合宿や特訓などに参加し、日本史の学習時間を作るようにしました。 過去問や模試の結果で自分の欠点が見えてくるにつれて勉強時間が増え、早朝も勉強するようになりましたが、最終的に合格した学校の最後の模試の判定はE判定やD判定がほとんどでした。それにもかかわらず合格できたのは、試験の直前まであきらめずに勉強を続けていたからだと思います。その結果が如実に表れたのは古文です。年が明ける前は完全に「お荷物」になっていった古文が、センター試験やいくつかの入試で満点をとれるほどの得点源になりました。毎日古文単語を確認したり、どんなに時間がなくても授業の復習を徹底したりした成果がありました。入試直前の2月になると、もともと得意だった英語、古文の実力の向上により得点源となった国語、出遅れながらも間に合わせた日本史の強固な三本柱で、一科目が崩れても全体には大きな影響がないという安心した気持ちで試験に臨めるようになりました。

後輩への
メッセージ

志望校合格の秘訣は授業後にすぐ復習していたことと朝に30分だけでも勉強時間を作っていたことです。バランスよく各科目の実力を伸ばすことも重要です。苦手な科目でも毎日正しい努力を続けていれば得意科目となることもあるので自分を信じてやるべきことをやり続けてください。
篠塚 萌実さん

2016年度入試 篠塚 萌実さん(都立国際高校出身)

慶應義塾大学(文学部)

大学入試
合格体験談

私は2年生の夏休み頃に受験を視野に入れた勉強がしたいと思い、enaに入りました。学校まで距離がある上に、部活で放課後も遅くまで活動があるため、間に合う時間の授業があるか心配でしたが、enaにはそのような人のために遅い時間の授業があり、それも入塾を決めた大きなきっかけになりました。3年時には模試の目標点数や偏差値などに基づいて一人ひとり面談してくださり、何をすれば良いのか常に目標や課題がある状態で学習できたことはとても励みになりました。入試直前期には英作文や小論文を個別に丁寧に添削してくださり、要点を学ぶことができたため合格に大きく近づけたと思っています。 私は家で勉強するのが苦手だったので、特に3年生になってからは日曜日でもなるべく自習室で勉強する習慣をつけるようにしていました。また、睡眠時間を削って日中眠くなるのは良くないと思い、必ず6時間は寝るようにしていました。寝る時間が惜しいと思った時もありますが、自分が一番日中集中できる生活を確立することはお勧めです。 受験に向けて勉強していく中で、上手くいかず不安になった時や苦手な分野を克服したい時など様々な場面で相談しやすく、たくさんのアドバイスをくれたenaには大変感謝しています。ありがとうございました。

後輩への
メッセージ

途中で壁にぶつかったり辛くなる事も沢山あるかもしれませんが、模試で良い結果が出たり等成長を感じられる瞬間は必ずあります。後から振り返っても自信が持てるような後悔のない受験生活を送ってください。応援しています!
井筒 みのりさん

2016年度入試 井筒 みのりさん(都立立川国際中等教育学校出身)

上智大学(外国語学部)

その他合格大学:青山学院大学(総合文化政策学部)、立教大学(文学部) 他

大学入試
合格体験談

私がenaに入って良かったことはたくさんあります。中でも一番大きいのは先生方の面倒見がとても良いことです。私は高3の4月に入塾しました。それまで真面目に勉強したことがなく、そのうえenaでは3月から新年度の授業が始まっていたので、ついていけるかとても不安でした。初めの頃は、勉強の仕方もよくわかっていなくて、夏ごろまではなんとかまわりに追いつこうと毎日毎日泣きそうになりながら単語など基礎の定着に時間を費やしました。そのときに、先生方に細かく進度を確認していただいたので、どれだけ嫌になって投げだしたくなっても続けることができました。 もう一つは、合宿です。enaでは夏から秋にかけて何度か合宿があり、その間みっちり勉強することができます。体力的にも精神的にも大変ですが、学力はもちろん受験に対する意識も私の中で大きく変わったと思います。 enaに入っていなければ、ここまで頑張れませんでした。本当にありがとうございます。

後輩への
メッセージ

受験は本当に大変ですが、乗り越えた後には充実した大学生活が広がっています。大学では高校よりも、それぞれがサークルやバイト、勉強など自分がやりたいことをやり、それをお互いに認め合っている感じがして私はとても居心地が良いです。受験生の間は少し我慢して、大学生になったらそのエネルギーをいろいろなことにぶつけてください!
勝又 遥さん

2016年度入試 勝又 遥さん(都立国分寺高校出身)

明治大学(情報コミュニケーション学部)

その他合格大学:成蹊大学(文学部) 他

大学入試
合格体験談

これから受験を迎えるみなさんがenaで何度も何度も言われるのは「単語」と「復習」の二つだと思います。私は高2の秋にenaに入りましたが、当時は全く勉強していませんでした。そこでとりあえず単語を覚えるというところから始めました。単語なんて、と思うかもしれませんが受験で単語力は本当に大切です。また、古文はそれと合わせてコラムを読むことをオススメします。大学によって古文知識や出典、内容がそのまま出題されたりすることがあるからです。 そして二つ目の復習をきっちりやることが、抜けている所を補うのに一番大切な方法です。私は、日頃の授業や小テスト、模試で間違えたものをノートにまとめて弱点ノートを作っていました。特に日本史などの暗記科目は、入試で出題された問題が他大学で出題されることもありました。だからこそ同じ間違いをしないことが合格へ一歩近づく方法だと思います。 私の体験が少しでもみなさんに役に立てばいいな、と思います。頑張ってください。

後輩への
メッセージ

受験期はとてもつらいと思います。どんなに勉強しても模試で思ったような成績が出なかったり、現役で受かるのか不安になったりすることもあると思います。でも、つらい今を乗り越えればとても楽しい大学生活が待っています!がんばってください!