中学受験、高校受験、大学受験を目指すお子さまの為の進学塾ena

  • イベント申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ 0120-06-1711 受付:日・祝日をのぞく10:00~18:00

ena久米川高校部

校舎情報

所在地 〒189-0013
東京都東村山市栄町2丁目2-10 
アクセス 西武新宿線久米川駅南口から徒歩1分
TEL 042-395-8631
E-mail kumegawa-h@ena.co.jp

外観 内観 内観
校舎外観 校舎内観 校舎内観

※クリックすると写真が拡大表示されます

校舎メッセージ

最後までとことん面倒を見ることにこだわってまいります。

大学受験に精通したベテラン教師陣の少人数指導授業で、難関国公立大をはじめとした第一志望校合格に向けて指導してまいります。まずは授業をご体験ください。

ena久米川高校部の校舎情報や、チューターによる大学紹介などを掲載しています。
ブログページ右側「校舎一覧」から「久米川」をクリック!

講師紹介

芝原 幸男
数学  ena久米川校校長。2014年度は小中学部授業のみならず高校部の高1クラスも担当する。小中高における25年を越える指導歴を持ち、豊富な合格実績を誇る。これまでの指導経験から得られた膨大な受験情報を駆使し、的確な受験アドバイスを行う。
松本 英志
英語ena久米川高校部責任者。15年を超える受験英語の指導歴を持つ。英文法をわかりやすく解説する授業と、語彙を音読+関連付けで定着させる手法によって、飛躍的に英語の成績が上がる生徒が続出。英語の成績だけでなく総合的な視点で生徒の合格をサポート。生徒を第一志望校合格へ導く。
近谷 邦彦
数学数学の上位生を中心に担当。豊富な指導経験と精緻な問題研究から、質問や相談に訪れる生徒は絶えない。理系の難関大受験生を最後の最後まで指導し続ける責任感は誰よりも強く、安心して任せることのできる教師である。
佐藤 一郎
日本史※国立校で開講
語り口や講義の展開がとても楽しく、自然と日本史が好きになること請け合い。特に難関私大の入試に精通しており、受講生はその知識を元に作成されたテキストをやるだけで得意科目にでき、偏差値も20以上アップする生徒続出である。
星 征史 世界史※国立校で開講
毎回テストがあり授業は厳しいが、受験を終えた生徒からは「星先生に習っていなかったら、きっとダメだった」と言わしめる。独特の語り口と深い解説に、世界史を好きになること間違いなし。また、春には世界史が全くできなくても、講義を聞き、復習をしっかりと続ければ、MARCH以上には合格できるレベルに達する。
立石 裕子 古文
オリジナル教材を駆使した授業で、古文を受験レベルにまで引き上げる。文法知識の習得⇒敬語の習得と読解への応用⇒ジャンル別の読解演習、という流れでステップアップしながら、古文の苦手を克服し、最終的には志望校での合格ラインに到達させる。

生徒の声

合格体験記

合格おめでとう2014 慶應義塾大学経済学部・早稲田大学商学部 合格
K.Rさん(東京学芸大学附属高校)

私とenaとの縁は小学4年生のころにさかのぼります。中学受験時にはたくさんの先生方が親身になって教えてくださり、第一志望校と挑戦校の合格をまるで家族のように喜んでくださったことを今でも覚えています。高校受験のときには私が進路で迷っていたときにそれぞれの高校のことを的確に教えていただき、自分に合った高校を選ぶことができました。高校入学後は部活動との兼ね合いで一時期enaを離れることになりましたが、他塾にはなかったenaの良さをふっと思い出し、高3になって再び戻ってきました。追い込み時期に苦手な古文を授業で補いつつ、自習室に籠りひたすらenaで過ごしていました。こうして長くenaと関わっている中で私がもっとも印象深いのがenaは生徒と先生方の距離が近いことです。受験期はやはり精神が不安定になるので、頼れる先生方が常に近くにいるという環境が私にとって大きな支えとなりました。苦しいときに支えてくれるenaのみなさま、本当にありがとうございました!
合格おめでとう2014 法政大学社会学部、成蹊大学法学部 合格
S.Jさん(都立井草高校)
私が最初にenaに出会ったのは中3の冬でした。マイスクールenaで志望の高校に合格して、その後高3になった私は、周囲の友人たちが塾に通い始めたのを見て焦りを覚え、私は地元のenaの高校部の体験授業を受けることにしたのです。enaの授業は重要なことだけに絞り、演習をたくさん行いました。最初のころは解けない問題がたくさんありましたが、先生方が親身になって解説してくださるので、だんだん得点が上がっていきました。また、特訓授業や清里合宿では他校の生徒が集まり、みんなの勉強する姿に刺激され、自分のモチベーションも高まりました。中でも印象に残っているのは11月に参加した理社特訓です。1泊2日でひたすら演習し、朝と夜の自習時間では確実に覚えるまで復習し、時間を有効に活用することができました。参加して本当によかったです。模試では第一志望は最後までE判定でしたが、このような日々の授業や特訓・合宿の積み重ねで法政大学に加え、成蹊大学には特待生として合格することができました。本当に感謝しています!

校舎ブログ新着情報

過去の記事はこちら